カテゴリー「健康」の記事

富士市の小児科医さんから紹介された患者さんが来ました

富士市の小児科医さんから舌小帯短縮症の患者さんの紹介がありました。

2例目です。

患者さんが第一声、「富士市に舌小帯を切る病院があってよかった。」です。

それでも富士市、富士宮市の患者さんは少ないです。

というか、舌小帯短縮症という病気すら世間では知られていないからです。

頑張ってみます。

まだ舌癒着症と舌小帯レーザー切開に騙されています

まだ、舌癒着症とレーザー切開に騙されている人がいます。

これだけこのブログで警鐘を鳴らしてきたのですが、残念です。

舌癒着症は助産師が勧める人が多く、一度舌癒着症の病院に行けば訳の分からない手術をさせられてしまいます。

レーザー切開で舌小帯でなく、オトガイ舌筋まで深く切るため、余計瘢痕治癒し、本当の舌癒着になります。

こうなってしまうと、再手術は難しくなります。

舌癒着症とは別に小児科医や耳鼻咽喉科医や歯科医も安易にレーザー切開しますが、やはり瘢痕治癒して余計舌が動かなくなります。

レーザー切開では保険診療は本来できません。

切開は膿などの切開なので、病名は「GA、AA」になります。

舌小帯の手術名は「舌小帯切離伸展術」と言って、小帯を伸ばす手術です。

そこの所をみなさん理解してください。

舌癒着症という病名も現象も存在しません。

だって、舌や喉頭が上前方に移動しているなんてあり得ないからです。

第一、どんだけ切れば元に戻るのか検査してますか?

静岡に里帰り出産でしたあ

今日来られた患者さんの住所を見てビックリ。

「沖縄」

ああっ、またやっちゃったと思いました。

舌小帯切除の日を間違えて伝えちゃったと。

遠くの方には事前診察は言わなかったはずなのに。

確か電話では静岡県だったと思って、お聞きしているうちに里帰り出産と判明。

よかったあ。

少し若年性アルツハイマーかな?

小児科や国立病院や大病院での舌小帯切除は3歳になってからという嘘はいい加減止めてください!

今回も中部地方の附属病院で、「3歳になってから全身麻酔で手術し、その後言語聴覚士によることばの教室に通ってもらいます。」と言われたお母さんがお子さんを連れて手術にいらっしゃいました。

「手術してからことばの教室に通うのなら、どうしてことばを話し始める3歳前に手術してくれないの?」と疑問に思い、来院動機です。

こういう疑問を持ったお母さん方の来院動機が一番多いです。

手術時間はたったの5分。

それも富士市の田舎の歯科医院で。

舌小帯切除手術の一番の理想型は、産科、小児科、口腔外科による生まれたばかりの赤ちゃんの無麻酔による舌小帯切除です。

こういうことを少しでも考えている医者がいないのは本当に残念です。

いつまでウソをつくんですか?

申し訳ございません

今日の舌小帯切除ですが、お一人時間変更のメールをお送りできなかったため、ご迷惑をおかけしました。

今後、このようなことが無いように致します。

手術は無事終了しました。

どうもすいませんでした。

舌小帯切除だけでは舌小帯短縮症は治らない

最近、トレーニング器具は要らないから舌小帯をだけ切って欲しいと言う方がいますが、残念ながらウチではお断りしています。

何年も舌小帯が短いまま生活してきて、手術してすぐ舌小帯が伸びると言うことは無いからです。

舌は筋肉なので負荷をかけなければトレーニングにはなりません。

あかんべえしたぐらいでは何のトレーニングにはなりませんし、すぐに忘れてしまいます。

そう言う人を何人も見てきていますから。

だからHPでトレーニングしないと切った甲斐ががないと記載しております。

また、キュレーションサイトのせいで被害者が出てきました

先週、他歯科医院でお子さんをレーザーで舌小帯切開されたお母さんから、すぐにウチで再手術願いますという相談を受けました。

しかし、レーザーで切開されていると切開面が焼かれているため縫合できない旨をお伝えしました。

歯科医師や小児科医や耳鼻咽喉科医の中にはレーザー切開を舌小帯形成術と勘違いしている人がいます。

レーザー切開は保険診療ではできません。

なぜなら切開は保険診療では「膿瘍」の切開しか認められていません。

舌小帯形成術では縫合が無ければ不正請求になります。

よく大きな病院で、全身麻酔で舌小帯切除をされるようですが、抜糸も全身麻酔で行われるのでしょうか?

聞いた話では、レーザー切開という噂です。

レーザー切開では舌小帯短縮症は治りません。

瘢痕治癒するだけで治っていません。

もし、ウチ以外で手術を受けられる方は、手術方法や術前、術後の注意やトレーニング方法を良くお聞きください。

キュレーションサイトまだ残っています!

キュレーションサイトがまだ残っています。

ライターが寄せ集めてきた記事が載っているサイトを昨日検索上位にありました。

表立ったキュレーションサイトではないのですが、検索している人にとっては迷惑です。

医師、歯科医師でない者が記事を書くと言うことは基本的にNGです。

舌小帯手術を口腔外科に依頼して手術してもらった患者さんの手術写真を撮ってもらって、あたかも自分の歯科医院で手術しているようなHPも見受けられます。

手術をやっていないならHPに載せるべきではありません。

こういうものは削除できないようです。

Yahooヘルスもキュレーションサイトではないのか?

舌小帯短縮症はキュレーションサイトが削除されても、まだ“ウソ”の情報が上位表示されているため被害者が後をたたない。

素人が見ても舌小帯が短いことが分かるのに、舌小帯手術したことが無い小児科医や耳鼻咽喉科医や歯科医師がHPに載せているため、手遅れや障害が出てからになってしまう。

舌小帯短縮症は検査など必要なく、“視診”だけである。

舌小帯が短い病気なのだから切るのは当たり前である。

それを「さ・らが言えなかったら専門医で切ってもらってください。」といういい加減な助言。

3歳になれば当然、局所麻酔下では暴れるし、術後に麻酔による舌の麻痺があるため“咬傷”になります。

赤ちゃんなら歯が生えていないから大丈夫です。

舌小帯を切ったことが無いなら手術する医療機関に紹介状を書くべきです。

残念ながら、GoogleやYahooの検索エンジンにはそこまで認知できません。

情報が正しいかどうかではなく、上位表示のテクニックだけである。

これはキュレーションサイトと変わり映えしません。

特にYahooヘルスもキュレーションサイトではないのでしょうか?

舌癒着症の口腔前庭拡大術を検索されている方へ

舌癒着症の口腔前庭拡大術を調べている方へ。

はっきり言って、そんな手術は存在しません。

歯周外科の手術で口腔前庭拡張術はあります。

これは歯周病で下顎奥歯の歯肉が無くなってしまった患者さんに歯肉を引っ張ってきて縫合するものです。

では、口腔前庭拡大術というのは、上顎左右の犬歯の根元から鼻の方に向かってレーザーで6cmぐらい切り、鼻の下までレーザーで病気でもない正常な鼻中隔下制筋と三叉神経をズタズタに切るだけでのものでおよそ医療と呼べるものではありません。。

これは鼻中隔下制筋を切るため鼻の穴が下に引っ張れないために上向きに大きくなってしまうのです。

これは舌癒着症を思いついた耳鼻咽喉科医の持論で、「鼻の穴が大きければ長生きできる。」で患者さんは鼻中隔下制筋をズタズタにされるわけです。

当然、元に戻すことはできません。

これは舌癒着症の手術と必ずセットで受けさせます。

舌癒着症だけでいいですと言うと、手術拒否されます。

舌癒着症と思ってかかるともれなく口腔前庭拡大術が付いてきます。

では病名は何かと言うと、上唇小帯異常だそうです。

実はこの場合は、保険診療でできるのです。

手術名は上唇小帯形成術です。

口腔前庭拡大術では無く、「鼻の穴を大きくするもの」です。

鼻の穴を大きくするのであれば、市販されている「ブリーズライト」で十分です。

医者の言うことが何でも正しいわけではありません。

おかしいと思ったら指摘する勇気も必要です。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ