カテゴリー「健康」の記事

平成29年9月10日の日本一般臨床医矯正研究会例会で講演決定!

「舌小帯切除による0歳児からの予防」と言うタイトルでお話させていただきます。

当日は、日本臨床医矯正学会員のみになります。

ご希望があれば、講演します。

_20170724a

昨日の舌小帯切除患者さんの消毒

3歳のお子さんだけ、咬傷が少しありました。

福岡からいらっしゃった患者さんは、「舌が良く動く」と喜んでいました。

そうなんです、舌小帯を切ると人生が変わると言っても過言ではないのです。

欲を言えば、赤ちゃんの時に舌小帯切除していただければよかったです。

平成29年7月23日舌小帯切除&上唇小帯切除無事終了

今回は幼児が2人と大人が1人の舌小帯切除手術でした。

皆さん、スマイルスリーパーとタン・スプリントかムーシールドが必要でした。

舌小帯は切っただけでは、すぐに後戻りします。

そのため舌小帯切除後にスマイルスリーパーで舌を引っ張り、タン・スプリントかムーシールドで舌の位置を低位舌から通常の舌位に戻さなければなりません。

舌小帯切除だけで済むのは生後間もない赤ちゃんだけです。

上唇小帯は正中離開と言って、「すきっぱ」です。

タモリさんみたいな状態です。

これは上唇小帯が前歯の歯と歯の間に入り込んでいるため、それを撤去しなければなりません。

今日の1人の方は、近くの歯科医院でレーザーでピッと切っただけだったので、傷口が瘢痕治癒して白く固くなっていて、正中離開は治りませんでした。

それで今回は舌小帯切除後に歯と歯の間の上唇小帯を撤去して、瘢痕治癒した組織も撤去しました。

本来、上唇小帯切除は上顎の前歯が2本生え始めたころがベストです。

乳歯の時に切っても永久歯でまた正中離開すれば二度手間になります。

後は唇を尖らせて口笛を吹くようにすれば治ります。

手足口病

今年は手足口病が多いそうです。

考えられるのは、手洗いやうがいをやりすぎかもしれません。

確か、ライオンだったかな?

“ばい菌バリア”があるので、あまり手洗いはしないようにというHPがありました。

口の中にも“ばい菌バリア”があって、100億近い細菌とウィルスがいます。

これが抗生剤などで細菌が死んでしまうと、菌交代現症または日和見感染と言って、別の細菌やウィルスの症状が出てしまいます。

ガンジダやヘルペスなどです。

だから必要以上の手洗いやうがいはすべきではありません。

取りあえず、飛沫感染ということで“マスク”で予防しましょう。

NHKのRの法則のスタッフから問い合わせがありました

お昼休みに、NHKRの法則のスタッフから、「滑舌」の問い合わせがありました。

滑舌は低位舌が原因で、舌が下顎前歯裏側にくっついているため発音が上手くできないことと説明しました。

舌の長さは関係ない話もさせていただきました。

番組で取り上げてくれないかな。

平成29年6月25日舌小帯切除無事終了

平成29年6月25日日曜日舌小帯切除無事終了しました。

今回は宮城県、埼玉県、山梨県、静岡県、愛知県から、赤ちゃん4人、幼児3人、大人1人の計8人でした。

幼児は、このところ麻酔後の咬傷が多かったため、手術で使用したバイトブロックを麻酔が切れる1時間30分噛んでいただいたおかげで誰も咬傷はありませんでした。

次回も幼児さんには使用します。

次回は7月23日日曜日午前中です。

googleでのランクが下げられているため各地で舌小帯切除まがいの手術による被害者続出

3か月前より、Googleのランクが下げられているために他の病院や舌癒着症の病院での手術での被害者が続出しています。

舌小帯のことを医師・歯科医師・皆さんが「知らない」と言うことが原因です。

適応年齢、手術方法、手術後のトレーニングのことです。

小児科学会が会員のアンケート調査で、舌小帯を切るのを禁止しているためです。

患者さん目線になっていただきたいです。

イタリア・カンツォーネの巻き舌

今年の3月に、イタリア・カンツォーネを歌う際に巻き舌が上手くできない方の舌小帯切除とトレーニングをお手伝いしました。

よく英語の「L」の発音が日本人はできませんが、巻き舌も舌小帯短縮症ですとできません。

トレーニングはスマイルスリーパーとタン・スプリントで大丈夫でした。

舌小帯切除は生後3か月が一番有効!

舌小帯は生後間もない頃は、薄い膜でできていて、粘膜です。

これが加齢と共に角化して固くなり、最後には結合組織に置き換わってしまいます。

赤ちゃんの哺乳の時にの舌の動きは離乳食が始まる6か月ぐらいに消失してしまいます。

離乳食が始まれば、舌は咀嚼や食物を塊にして、喉の奥に持って行き、鼻からの空気を遮断するという動きに代わります。

だから哺乳の時の舌の動きがスムーズにできないと後の動きができなくなるのです。

そのため3歳で発音障害(構音障害)が分かって、舌小帯切除しても発音障害は治りません。

平成29年5月28日舌小帯切除終了

今回は、お一人舌の咬傷になってしまったため記事が遅くなりました。

麻酔が切れるまで舌を噛んでいないか1時間半ぐらい観察していただき、もし噛んでいれば注意して噛まないようにしていただきたかったのですが、残念ながら舌を噛んでしまいました。

この場合は舌が口内炎のようになり、腫れてしまうので、唇を閉じることができません。

このようなことが無いようにおしゃぶりをしっかり習慣付けていただきたかったです。

次回からはバイトブロックで舌を噛まないように1時間半、お母さん方に頑張っていただく予定です。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ