カテゴリー「住まい・インテリア」の記事

レーザー切開が危険な理由

Cimg2510a

舌小帯をハサミで切るとこんな形に広がり、真ん中の血の付いているところはオトガイ舌筋と言う筋肉が出ています。

ハサミですとこれだけ綺麗にでますが、レーザーではどこがどこだか分からなくなります。

そのためすぐ下にあるオトガイ舌筋も切ってしまいます。

舌小帯を切る時は通常舌を上に挙げた状態のため、舌小帯は伸びた状態で切ることになります。

伸ばした状態で切るため切った瞬間裂けて切り口の舌小帯は縮んで消えてしまいます。

上の部分の舌小帯はコッヘルで掴んでおいてハサミで撤去しないとハート舌が治りません。

だから舌小帯を切ったら、必ず上の舌小帯は撤去して縫合します。

縫合しないと筋肉が露出したまま瘡蓋ができるために癒着します。

包茎手術だってしっかり傷口を縫わないとダメなように、レーザーではケロイド状になるようです。

だから舌小帯切除も癒着しないようにたくさん縫合する必要があります。

レーザーやハサミで切りっぱなしの歯医者や耳鼻咽喉科医や小児科医はこのことを知らないのです。

後悔しない舌小帯の手術は医療法人社団 井出歯科医院しかありません。


原発に頼らない方法

http://ev.nissan.co.jp/LEAFTOHOME/

なぜ日産のリーフの“Leaf to Home”を真剣にやらないんでしょう。

不思議だ。

独立行政法人建築研究所

独立行政法人建築研究所が3億円で木造3階建ての校舎を立てて、それを燃やして燃焼実験見たいものをやっていました。

今時、木造の校舎3階建てなんて無いでしょ?

鉄筋コンクリートのはずです。

税金を無駄に使っていますね。

民主党の仕分けは本当にパフォーマンスだけでしたね。

石油ストーブ2

今日来られた白糸の滝近くにお住まいの患者さんにお聞きしたところ、まだ今回は雪が降っていないそうです。

私が昨日石油ストーブを3つ購入した話をしたところ、「うちも2つ目を買いましたよ。昨年1つ今年に入ってもうひとつ。」というお返事。

もう既にみなさん言われなくてもどんどん準備されているんですね。

私みたく無くなってから騒がないわけです。

(乾電池、水、ラジオなど)

次は五右衛門風呂を探そうかな。

マイホームを持たない人

私の高校時代の友人で医者がいますが、彼は開業当初「アパートやマンションで十分、持ち家を持ったら持ったで何年かしたらリフォームしなくちゃならないじゃあないか。」とよく言っていました。

しかし、現実は子供が5人になったので部屋が足りない。

結局、家を建ててしまいました。

でも富士市の市営住宅や静岡県県営住宅はちょっとしたマンションみたいな造りです。

固定資産税も払わなくていいし、リフォームも心配しなくていい。

それに子供が18歳で家を出たら、また小さいアパート、マンションに住めばいいんです。

子供達も結婚すれば親と一緒に住みません。

結局、老人だけの街になってしまいます。

確か、昔ウルトラQで「誰もいなくなった街」というタイトルで放映されたと思います。

現実になるかもしれませんね。

富士駅周辺マンション

一時期はマンションより一戸建て住宅の方が安かったのでマンションは富士市にはあまりありませんでした。

ここ数年、JR富士駅周辺にマンションがかなり立ちました。

しかし、残念ながら駅近くにあったイトーヨーカドーやパピーショッピングセンターが相次いで無くなってしまったために結構売れ残っているという噂です。

そうなんです、富士市は大型所ッピンセンターは郊外に多く、駅の周りには何も無いんです。

通勤には便利なんですが、買い物が困ります。

学校も駅周辺には無いので通学も困ります。

駅ありきでなく、周辺整備を考えてマンション建設するほうがよかったかな?

愛子様の積み木

先程テレビで紹介していた、愛子様が使われていた積み木です。

グリーンウォール除去

待合室の洗面所とトイレの窓に夕顔でグリーンウォールをしていたのを除去しました。

と言っても、腰の悪い私には無理で妻にやってもらい、袋に入れてゴミに出しました。

ついでにツタが植木に絡むくらいだったので一部とってもらいました。

ゴミの集積所はウチのゴミで一杯。

腰も痛くなってきたので今日の作業は終わり。

来週の土曜日に続きをやります。

昔の職人さん

7年前に診療室のリニューアルをしてもらったんですが、奥の換気扇だけきちっと嵌っていなくてコンセントを抜いて軽く嵌めていました。

患者さんのお母さんやお子さんが換気扇の下にくると、「部屋の隅にはお化けが出るからそっちに行かないで。」と言ってずれてもらっていました。

工事をやってくださった電気屋さんはリタイヤされて頼めなかったので、知り合いの建設会社の方に頼んだところ職人さんみたいな方を連れてきてくださって簡単に直していってくれました。

直したというより、長いネジで換気扇が落ちないようにしてくれたんですがとっても感激しました。

ついでに蛍光灯も落ちそうなところがあったのでそれも修理してくださってありがたかったです。

実家の街灯も計画停電でタイマーがくるってしまい、夜中に点いているのでそれも直してもらいました。

昔はこういう職人さんが多かったですが、今は殆どいませんね。

Dsc00421 Dsc00422 Dsc00423 Dsc00424 Dsc00425 Dsc00420 妻がクレマチスやフリージアやクリスマスローズやチューリップをプランターに活けているのがいっぱい咲いてとても綺麗です。

シャクナゲも隣の実家の外壁塗装で枯れてしまいましたが、一昨年から復活し始めて、来週ぐらいに花が咲きそうになっています。

今が一番いい時期ですね。

熊笹は患者さんからいただきましたが、今年の12月までには無理かな?

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ