最近のコメント

最近のトラックバック

« これから舌小帯短縮症の手術を東京G医科大学小児科外来、総合病院小児科外来でする予定の赤ちゃんは1歳まで待って全身麻酔で舌小帯を縫合してもらいましょう! | トップページ | 緊急報告!舌小帯短縮症重度で手術しないで舌トレーナーで舌を引っ張って翌日切れて完治した症例! »

これから舌小帯短縮症の赤ちゃんで、東京G医科大学舌小帯外来、総合病院舌小帯外来、Tこども病院で非常勤小児科医の舌小帯をハサミでチョンと切る方法の場合、必ず「縫合してください。」とお願いしましょう!

舌小帯短縮症の1歳未満の赤ちゃんで、哺乳障害と診断されて東京G医科大学舌小帯外来、総合病院舌小帯外来、Tこども病院で舌小帯を無麻酔でハサミでチョンと切られる予定の場合で、非常勤小児科医に必ず「舌小帯をハサミでチョンと2回切らないで、傷口を縫合してください。」と頼みましょう。

舌小帯をハサミでチョンと2回切りっぱなしは保険診療の舌小帯形成術ではありません。

縫合して、本当の舌小帯形成術です。

そすれば、1日4回6時間おきの傷口のストレッチをしなくて済むし、傷口も「癒着や引きつれ(瘢痕拘縮)」を起こしません。

1週間後傷口が癒着して白くなれば指で剥がすとHPに載っていますが、癒着していないとウソをお母さん方に言ってやりません。

1か月間は傷口が癒着しないようにマッサージを行い、1ヶ月後の最終チェックでは癒着なしとウソをまた言い、数カ月はまだ傷口の皮膚が硬い為の引つれはあるが、しっかりと舌小帯は切れているので外科的治療は終了で舌小帯短縮症は余計にひどくなっているのに打ち切りです。

術後1か月後の体重増加のデータが取れたので、もう関係ないのです。

だから、もし縫合が出来ないのでしたら、1歳過ぎてから全身麻酔で切開、縫合してもらいましょう。

 

« これから舌小帯短縮症の手術を東京G医科大学小児科外来、総合病院小児科外来でする予定の赤ちゃんは1歳まで待って全身麻酔で舌小帯を縫合してもらいましょう! | トップページ | 緊急報告!舌小帯短縮症重度で手術しないで舌トレーナーで舌を引っ張って翌日切れて完治した症例! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これから舌小帯短縮症の手術を東京G医科大学小児科外来、総合病院小児科外来でする予定の赤ちゃんは1歳まで待って全身麻酔で舌小帯を縫合してもらいましょう! | トップページ | 緊急報告!舌小帯短縮症重度で手術しないで舌トレーナーで舌を引っ張って翌日切れて完治した症例! »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ