最近のコメント

最近のトラックバック

« 舌小帯短縮症と生命保険 | トップページ | 舌小帯短縮症Google検索1位東京G医科大学舌小帯外来、2位総合病院舌小帯外来、こども病院はどれも1人の非常勤小児科医の持論の「哺乳障害を伴う舌小帯短縮症患児に対する舌小帯切開の有用性」の検証実験詐欺サイト! »

Google1位の東京G医大の舌小帯外来(総合病院舌小帯外来の非常勤小児科医、こども病院非常勤小児科医)の手術の危険性!

今度は東京G医大に舌小帯外来を水曜日だけ非常勤の小児科医が執刀しているようです。

YouTubeに手術した赤ちゃんのBefore,Afterの写真が載っていましたが、明らかに手術前より舌が挙がらなくなっています。

それに舌小帯が癒着して動かないようです。

手術は非常勤小児科医が35年前に小児科学会に禁止された『舌小帯切開』で、保険診療ではありません。

舌小帯を切りっぱなしで傷口が開いているため、もれなく瘢痕と癒着が起こります。

東京G医大も手術した患者さんにバレたら集団訴訟になり兼ねません。

総合病院には電話で不正請求を小児科部長に通知しましたが、何も変わりません。

被害者が増えるだけですから、早く止めた方が良いです。宗教と一緒です。

一昨年、神奈川の総合病院の舌小帯外来で舌小帯切開し、翌日に出血が止まらないと静岡県富士市の私の所に朝電話がありました。

しかし、担当が居ないということで総合受付で断られて、困って私の所に電話してきました。

この非常勤小児科医は翌日別のこども病院に行っているためいません。

この一人の非常勤小児科医の暴走を誰か止めないと被害者がどんどん増えます。

大丈夫ですか?

 

 

« 舌小帯短縮症と生命保険 | トップページ | 舌小帯短縮症Google検索1位東京G医科大学舌小帯外来、2位総合病院舌小帯外来、こども病院はどれも1人の非常勤小児科医の持論の「哺乳障害を伴う舌小帯短縮症患児に対する舌小帯切開の有用性」の検証実験詐欺サイト! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 舌小帯短縮症と生命保険 | トップページ | 舌小帯短縮症Google検索1位東京G医科大学舌小帯外来、2位総合病院舌小帯外来、こども病院はどれも1人の非常勤小児科医の持論の「哺乳障害を伴う舌小帯短縮症患児に対する舌小帯切開の有用性」の検証実験詐欺サイト! »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ