最近のコメント

最近のトラックバック

« 舌小帯短縮症(Tongue Tie)YouTube検索1位の手術方法 | トップページ | 舌小帯短縮症と生命保険 »

2022年8月28日日曜日午前中、新しい舌小帯短縮症手術を行います!レーザーや舌小帯外来で切りっぱなしや舌癒着症で瘢痕や癒着した舌小帯も少し切ることが可能かもしれません!

2022年8月28日日曜日午前中、新しい舌小帯短縮症手術を行います。

これは8年前からYouTubeに紹介されていた方法で、Dr.Christopher Changが紹介しています。

https://youtu.be/bm3xGBCC71o

これは舌小帯を止血鉗子で10秒圧接して血管や組織をプレスします。それから圧接した部分にハサミを入れて切ります。すると出血も無く、縫合する必要もなく手術終了。あっという間に終わります。但し、圧接した組織から後出血が無いか確認してからになります。

この方法は、保険診療ができないため手術費用は1万5千円(プラス消費税)を予定しています。

今回は舌小帯短縮症重度の方と前回手術したのですが、あまり舌小帯が伸びていない方が対象になります。

もしこれでうまくいくようでしたら、レーザーや総合病院の舌小帯外来や舌癒着症で傷口が瘢痕や癒着されている方にも適応できるかもしれません。

但し、2~3mm伸びる程度かもしれません。

8月28日日曜日の予約は終了しています。(事前に止血鉗子の位置を確認済のため。)

次回は、9月25日日曜日午前中です。

« 舌小帯短縮症(Tongue Tie)YouTube検索1位の手術方法 | トップページ | 舌小帯短縮症と生命保険 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 舌小帯短縮症(Tongue Tie)YouTube検索1位の手術方法 | トップページ | 舌小帯短縮症と生命保険 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ