最近のコメント

最近のトラックバック

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

舌小帯切開は舌癒着症と変わらない危険な手術

舌癒着症は舌小帯短縮症とは違うと舌癒着症のホームページに書かれています。

舌・喉頭蓋・喉頭が上前方に偏位して呼吸が苦しい病気らしく、日本人の94%が罹っているようです。?

手術は舌の舌小帯から舌の筋肉(オトガイ舌筋)を表層3層レーザー切開、それと同時に上唇小帯からその下の鼻中隔下制筋までレーザー切開すると鼻の穴は上向きになり呼吸が楽になるそうです。?

自費診療です。

術後、舌はスプーンで癒着しないように削るのかなぞる。

結局、癒着して舌が動かなくなる。

一方、小児科医が行う舌小帯切開は、表面麻酔だけで舌小帯を深くハサミで切り込むらしいです。

同時におっぱいが飲みやすくなるために上唇小帯切開するようです。

しかし、赤ちゃんの時に上唇小帯を切ると鼻中隔下制筋が弱くなり、おっぱいを咥える力が弱まります。

本当の上唇小帯形成術は、上顎左右中切歯が生え始める6歳ぐらいに、正中離開と言って隙っ歯になった場合に手術します。

縫合しないため30分ぐらい圧迫止血。

術後は癒着防止のため親御さんが赤ちゃんの舌を上に持ち上げて、1週間後に癒着していたら小児科医が指で剥がすそうです。

舌小帯切開が保険診療に無いから、「舌小帯形成術」で不正請求しています。

つまりどちらも癒着します。

これが本当の上唇小帯形成術。

上唇小帯を切った後に、上顎左右中切歯の間に入った上唇小帯はメスで撤去して止血します。

これだけで手術後に自然に正中離開は治ります。

 

 

舌小帯短縮症Google検索上位信用してはいけない!関係ない上唇小帯も一緒に切られる!

厚生労働省が認めている舌小帯短縮症手術は舌小帯形成術で、小児科医が行っている舌小帯切開は違法です

Google検索上位は必ずしも正しい治療内容では無い!(ホームページ制作会社がGoogle基準に合わせたもの)

2019年頃から急に総合病院とこども病院の非常勤小児科医が「舌小帯切開」を始めた。

それは舌小帯短縮症の治療を禁止していた小児科学会を定年か何かで辞められて、その縛りが無くなったからと想像できる。

40年間「舌小帯切開」は術後癒着するために禁止されていたのを、最後に本人の持論を広めようとしたものです。

しかし、この40年間厚生労働省は舌小帯短縮症の治療は口腔外科の「舌小帯形成術」を保険診療に導入したので、「舌小帯切開」はずっと日の目を見ることは無かった。

ましてや同時にやらなくていい上唇小帯切開も行い、これは明らかに「医療過誤」です。

40年間認められなかったカビの生えた「舌小帯切開」は傷口を縫合できない未熟さの表れです。

世に自分の「舌小帯切開」が舌小帯短縮症の治療で有名になろうというエゴで、患者さんに「舌小帯切開」などという未熟なもので被害者を増やすことは犯罪です。

Googleは「舌小帯切開」が正しいかどうかは判断できません。

舌小帯短縮症の権威のある先生もいません。

一人でも被害者が出ないことを祈って、このブログを書くしかありません。

プーチンと一緒です。

 

舌小帯短縮症の舌小帯切開、レーザー切開は絶対やってはいけない!舌小帯を切開すれば必ず癒着して失敗する!

癒着とは元々離れている組織が炎症や手術でくっついてしまうこと

舌小帯と舌の筋肉(オトガイ舌筋)は元々離れている

舌小帯を切ることによって、癒着は起こる

   

昨年、歯科雑誌に舌小帯を「レーザー切開500症例の知見」という投稿がありましたが、写真から見ると殆ど舌小帯は伸びておらず、余計に舌小帯は太くなり、ひどくなっていた。

500症例もやらなくても数例でこんなことは分かりきったことだ。

筆者が、厚生労働省が認めている舌小帯短縮症の手術「舌小帯形成術(舌小帯伸展術)」を行わなかったことが問題です。

もし、レーザー切開を舌小帯形成術で保険請求した場合は不正請求になり、通常レーザー切開は保険外の自費診療です。

これは小児科医のハサミで切りっぱなしも同じで、切開と言うのは口腔内消炎手術のことで膿(うみ)の切開歯科保険診療では認められていない。

小児科医の著書に、「舌小帯切開が保険診療に無いから、舌小帯形成術で請求している、」と不正請求を自ら暴露している。

しかし、この小児科医を非常勤で雇っている総合病院とこども病院は辞めさせようともしていない。

これが続けば保舌小険医取り消しになる。

また、この小児科医は手術後親御さんに赤ちゃんの舌を引っ張って貰って「癒着」を防ぐとありますが、舌小帯を切った段階で舌小帯とオトガイ舌筋は癒着します。

つまり、元々舌小帯と舌の筋肉(オトガイ舌筋)はくっついておらず、離れています。

それが舌小帯を切ったことによって、傷口がダイヤモンド型(ひし形)に開きオトガイ舌筋が露出する。

すると舌小帯の切れた端とオトガイ舌筋はそこで初めてくっつく「癒着」になります。

レーザー切開も同じです。

但し、舌小帯形成術の舌小帯切開後の縫合で、舌小帯の粘膜だけ縫合できれば癒着はありませんが、針がオトガイ舌筋まで入って縫合すると癒着します。

また、舌小帯形成術で術後上手くいかないケースはこれが原因と、縫合した糸が取れて傷口が開くと癒着します。

舌小帯が手術後に癒着しないためには、切開しないこと!

舌小帯を引っ張って表層だけ裂く

舌小帯短縮症は舌の根元部分はフリーになっていますが、舌先部分で舌の筋肉(オトガイ舌筋)とくっついて舌を動かしています。

舌先が先割れしている「ハート舌、スプリット・タン」はこれが原因です。

アキレス腱と一緒で舌もストレッチ(舌トレーナー・アヴェオTSD)すれば舌小帯は伸びます。

ある程度伸びると、舌小帯は限界になり裂けます。

一度裂けるとそこから更に舌小帯は伸びていきます。

この場合、「ハート舌、スプリット・タン」は舌小帯がある程度伸び切った段階で舌先に切れ込みを入れて舌を引っ張れば、もう一段階舌が伸びます。

舌トレーナーとアヴェオTSDで引っ張って舌小帯短縮症の治療は医療法人社団 井出歯科医院だけです。

舌小帯短縮症の保険診療の手術は舌小帯形成術(舌小帯伸展術)のみで、総合病院とこども病院の非常勤小児科医の「舌小帯切開」は不正請求!

舌小帯短縮症の保険診療の手術は舌小帯形成術(舌小帯伸展術)のみです。

総合病院とこども病院の非常勤小児科医は、自分の著書に中で「舌小帯切開」が保険診療に無いので「舌小帯形成術」で請求している。」と書かれています。

これは「切開」は炎症性の疾患で膿が溜まった場合に「切開」が保険診療で認められています。

舌小帯短縮症は「舌小帯異常」と言う病名で、炎症ではありません。

本来は、保険給付外の診療です。

厚生労働省が指導・監査に入れば最悪5年間の保険医取り消しと不正請求分の返還になります。

総合病院の場合は小児科が5年間の保険医取り消しになり、舌小帯短縮症以外で総合病院にかかっている患者さんは保険で診てもらえなくなります。

病院関係者は保険医取り消しを覚悟してやっているようです。

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ