最近のコメント

最近のトラックバック

« アトピーの赤ちゃんで無麻酔で舌小帯切除手術やらせていただきました。 | トップページ | S総合病院の舌小帯外来は諸事情により新規患者さんの受け入れを停止しております。Tこども病院ではR3年8月25日~当面の間、舌小帯短縮症の手術及びI医師の診察は休診となります。 »

今回の舌小帯短縮症手術の改良点

いつもは局所麻酔して、舌先に糸を通して引っ張って舌小帯が一部裂けてから舌小帯に切れ込みを入れていました。

今回の赤ちゃんは舌小帯が重度に短く、短い舌小帯の真ん中の裏側に唾液の出口の舌下小丘があるためいつものように舌を引っ張ると、舌小帯の下部と歯槽(どて)の間が切れて縫合できなくなります。

それは唾液腺も一緒に縫合して唾液の出口がなくなり、ガマ種というものを作ってしまいます。

そのため、今回はまず舌小帯の上部に切れ込みを入れてから舌を糸で引っ張るようにしました。

これが功を奏して綺麗に舌小帯は裂けました。

 

« アトピーの赤ちゃんで無麻酔で舌小帯切除手術やらせていただきました。 | トップページ | S総合病院の舌小帯外来は諸事情により新規患者さんの受け入れを停止しております。Tこども病院ではR3年8月25日~当面の間、舌小帯短縮症の手術及びI医師の診察は休診となります。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アトピーの赤ちゃんで無麻酔で舌小帯切除手術やらせていただきました。 | トップページ | S総合病院の舌小帯外来は諸事情により新規患者さんの受け入れを停止しております。Tこども病院ではR3年8月25日~当面の間、舌小帯短縮症の手術及びI医師の診察は休診となります。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ