最近のコメント

最近のトラックバック

« 総合病院の小児外科医の舌小帯切開は危険! | トップページ | 実名の病院名と小児外科医の指名をイニシャルにしました »

舌トレーナーで引っ張って舌小帯短縮症が治った!

2か月前から舌トレーナーで舌を引っ張って舌が伸びてくれて、舌小帯短縮症の手術が必要でなくなりました。

これには条件が合って、舌小帯が舌に付いている部位が舌の根元の場合です。

舌先に舌小帯が付いている場合は「ハート舌、スプリットタン」になりますので舌トレーナーで引っ張っても改善できません。

この場合は、ある程度舌小帯を舌トレーナーで引っ張っていただいてから、舌先の舌小帯に切れ込みを入れて舌を伸ばして裂きます。

そして縫合します。

 

« 総合病院の小児外科医の舌小帯切開は危険! | トップページ | 実名の病院名と小児外科医の指名をイニシャルにしました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 総合病院の小児外科医の舌小帯切開は危険! | トップページ | 実名の病院名と小児外科医の指名をイニシャルにしました »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ