最近のコメント

最近のトラックバック

« 実名の病院名と小児外科医の指名をイニシャルにしました | トップページ | 舌小帯短縮症を手術しないで舌トレーナーとライパーで引っ張って伸ばす方法 »

総合病院に紹介する助産師、35年前に小児科学会で禁止された舌小帯切開している小児外科医に絶対に紹介するな!

35年前に禁止された舌小帯切開をしている総合病院の非常勤小児科医に近隣の助産師が舌小帯短縮症を紹介していますが、無麻酔でハサミで切りっぱで縫合できないのです。

傷口は開いているため出血が止まらないし、感染の危険性があるのに抗生剤も出さない。

この総合病院も小児外科医のやっている舌小帯切開は「舌癒着症(ぜつゆちゃくしょう)」という耳鼻咽喉科の変な処置と殆ど変わりません。

舌小帯切開は無麻酔で舌小帯をハサミで深く切り、縫合しない、それと上唇小帯切除も同時に行う。

舌癒着症はレーザーで舌の裏側を切り、その下のオトガイ舌筋も切りっぱ、上唇小帯と鼻中隔下制筋もレーザーで切りっぱ。

やっていることは殆ど同じで、舌小帯切開は1985年、舌癒着症は2001年小児科学会によって禁止されている。

どちらも助産師が紹介している。

被害者が増えると紹介した助産師の責任問題にもなります。

どちらも再手術はできません。

« 実名の病院名と小児外科医の指名をイニシャルにしました | トップページ | 舌小帯短縮症を手術しないで舌トレーナーとライパーで引っ張って伸ばす方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実名の病院名と小児外科医の指名をイニシャルにしました | トップページ | 舌小帯短縮症を手術しないで舌トレーナーとライパーで引っ張って伸ばす方法 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ