最近のコメント

最近のトラックバック

« 令和2年6月28日日曜日午前中、舌小帯短縮症手術再開します。 | トップページ | 舌小帯の付着位置 »

令和2年6月28日日曜日午前中舌小帯短縮症手術無事終了

2月から新型コロナウィルス蔓延のため中止していた舌小帯短縮症手術を再開しました。

4カ月ぶりだったので緊張しましたが、手術法を「裂く」方法から「舌小帯先端撤去法」に戻しました。

これは、「裂く」方法では麻酔が効いている時に出血していなくて、麻酔が切れてからの出血が相次いだからです。

そのためにもう一度来てもらって、麻酔して縫合になりました。

それで急遽、元の方法に戻したのです。

舌小帯の舌先の撤去に神経を集中した結果、縫合も少なくて済み、翌日の消毒では舌がもう上に挙がっている赤ちゃんもいました。

当然、舌の上部だけ縫合するので、舌下小丘の縫合事故はありません。

舌小帯があまりにも短いと、舌小帯を切った後舌下小小丘が分からないことがあります。

今回も反省点があり、乳児の咬傷と幼児の舌小帯手術後に舌を出しっぱなしというトラブルがありました。

何とか対応できましたが、次回から予め対策を取るようにしたいです。

お一人お一人舌小帯が違いますので、30年経っていますが毎回勉強させていただいております。

« 令和2年6月28日日曜日午前中、舌小帯短縮症手術再開します。 | トップページ | 舌小帯の付着位置 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和2年6月28日日曜日午前中、舌小帯短縮症手術再開します。 | トップページ | 舌小帯の付着位置 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ