« 新しいタイプの舌小帯短縮症(スプリット・タン) | トップページ | 令和元年7月28日日曜日舌小帯切除手術無事終了 »

舌小帯切除手術から11年経ちました

11年前に食べるのが遅い主訴のお子さんの舌小帯切除手術を行いました。

当時は、現在の様なトレーニング器具が無かったので、あかんべえと舌を色々な方向に動かす指導とパタカラでした。

それでもここまで舌を挙げることができています。

 

 

 

« 新しいタイプの舌小帯短縮症(スプリット・タン) | トップページ | 令和元年7月28日日曜日舌小帯切除手術無事終了 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいタイプの舌小帯短縮症(スプリット・タン) | トップページ | 令和元年7月28日日曜日舌小帯切除手術無事終了 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ