« 赤ちゃんへの虐待は哺乳障害の可能性がある | トップページ | 新しいタイプの舌小帯短縮症(スプリット・タン) »

6月23日日曜日舌小帯切除手術無事終了

6月23日日曜日舌小帯切除手術無事終了しました。

最近の舌小帯短縮症は今までの分類に無い形態を示しています。

以前は舌小帯の長さと付着部位の分類でしたが、今回の方の舌小帯は2つに分かれています。

下顎の歯槽堤(しそうてい)から舌小帯が始まり、3mmぐらい上に舌下小丘(ぜっかしょうきゅう)左右2個舌の根元に付いていて、そこから舌先に向かって2mm舌小帯が伸びている。

舌小帯によって突っ張られ、舌の上に切れ込みが入ってハート舌、スプリット・タンになるケースが増えている。

この場合は、レーザーで切るだけではハート舌、スプリット・タンは治らない。

舌先に入り込んだ舌小帯を撤去しなければ残ってしまうのである。

« 赤ちゃんへの虐待は哺乳障害の可能性がある | トップページ | 新しいタイプの舌小帯短縮症(スプリット・タン) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃんへの虐待は哺乳障害の可能性がある | トップページ | 新しいタイプの舌小帯短縮症(スプリット・タン) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ