« インフルエンザウィルスの本当の予防 | トップページ | 舌がんの自宅での簡易検査法 »

舌ガンについて

舌ガンは、以前から下顎第一小臼歯が舌側に傾斜している場合に、舌の側面にいつも歯の尖がっている部分が当たって、最初は口内炎のような症状から慢性化してガン化されると言われていた。

しかし、昨今は舌小帯が短いために舌が低位舌になり、常時舌が下顎の歯の舌側を押し続けるために、舌の側面に歯の圧痕ができ、慢性化していくうちにガン化するのではないかと警鐘を鳴らしていた。

富士市役所の記者クラブに3回ほどプレスリリースしていたが、いつも没になった。

明日、再度プレスリリースしますが、また没になるかもしれません。

もし没になった場合は、このブログを読んだ方がシェアしてくださるとありがたいです。

« インフルエンザウィルスの本当の予防 | トップページ | 舌がんの自宅での簡易検査法 »

健康」カテゴリの記事

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ