« 週刊現代の睡眠時無呼吸症や誤嚥を同時に防ぐならを鍛えよの記事 | トップページ | 舌小帯手術無事終了 »

日本人の舌は洋式便座の“蓋”

赤ちゃんの時に舌小帯切除しないために舌が殆ど動かず、哺乳障害になっている。

また、おしゃぶりをしないために口呼吸になっている。

この2つが重なって、日本人の舌は“退化”しているのである。

そのために話せば「滑舌が悪い」、食べれば「誤嚥性肺炎」、寝れば「睡眠時無呼吸症」となっている。

だれか気が付いて!

« 週刊現代の睡眠時無呼吸症や誤嚥を同時に防ぐならを鍛えよの記事 | トップページ | 舌小帯手術無事終了 »

健康」カテゴリの記事

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ