« 2017年10月 | トップページ

富士市の小児科医さんから紹介された患者さんが来ました

富士市の小児科医さんから舌小帯短縮症の患者さんの紹介がありました。

2例目です。

患者さんが第一声、「富士市に舌小帯を切る病院があってよかった。」です。

それでも富士市、富士宮市の患者さんは少ないです。

というか、舌小帯短縮症という病気すら世間では知られていないからです。

頑張ってみます。

まだ舌癒着症と舌小帯レーザー切開に騙されています

まだ、舌癒着症とレーザー切開に騙されている人がいます。

これだけこのブログで警鐘を鳴らしてきたのですが、残念です。

舌癒着症は助産師が勧める人が多く、一度舌癒着症の病院に行けば訳の分からない手術をさせられてしまいます。

レーザー切開で舌小帯でなく、オトガイ舌筋まで深く切るため、余計瘢痕治癒し、本当の舌癒着になります。

こうなってしまうと、再手術は難しくなります。

舌癒着症とは別に小児科医や耳鼻咽喉科医や歯科医も安易にレーザー切開しますが、やはり瘢痕治癒して余計舌が動かなくなります。

レーザー切開では保険診療は本来できません。

切開は膿などの切開なので、病名は「GA、AA」になります。

舌小帯の手術名は「舌小帯切離伸展術」と言って、小帯を伸ばす手術です。

そこの所をみなさん理解してください。

舌癒着症という病名も現象も存在しません。

だって、舌や喉頭が上前方に移動しているなんてあり得ないからです。

第一、どんだけ切れば元に戻るのか検査してますか?

静岡に里帰り出産でしたあ

今日来られた患者さんの住所を見てビックリ。

「沖縄」

ああっ、またやっちゃったと思いました。

舌小帯切除の日を間違えて伝えちゃったと。

遠くの方には事前診察は言わなかったはずなのに。

確か電話では静岡県だったと思って、お聞きしているうちに里帰り出産と判明。

よかったあ。

少し若年性アルツハイマーかな?

« 2017年10月 | トップページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ