« キュレーションサイトまだ残っています! | トップページ | 舌小帯切除だけでは舌小帯短縮症は治らない »

また、キュレーションサイトのせいで被害者が出てきました

先週、他歯科医院でお子さんをレーザーで舌小帯切開されたお母さんから、すぐにウチで再手術願いますという相談を受けました。

しかし、レーザーで切開されていると切開面が焼かれているため縫合できない旨をお伝えしました。

歯科医師や小児科医や耳鼻咽喉科医の中にはレーザー切開を舌小帯形成術と勘違いしている人がいます。

レーザー切開は保険診療ではできません。

なぜなら切開は保険診療では「膿瘍」の切開しか認められていません。

舌小帯形成術では縫合が無ければ不正請求になります。

よく大きな病院で、全身麻酔で舌小帯切除をされるようですが、抜糸も全身麻酔で行われるのでしょうか?

聞いた話では、レーザー切開という噂です。

レーザー切開では舌小帯短縮症は治りません。

瘢痕治癒するだけで治っていません。

もし、ウチ以外で手術を受けられる方は、手術方法や術前、術後の注意やトレーニング方法を良くお聞きください。

« キュレーションサイトまだ残っています! | トップページ | 舌小帯切除だけでは舌小帯短縮症は治らない »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ