« 9月10日日曜日東京で舌小帯短縮症の講演依頼 | トップページ | 舌小帯切除は生後3か月が一番有効! »

平成29年5月28日舌小帯切除終了

今回は、お一人舌の咬傷になってしまったため記事が遅くなりました。

麻酔が切れるまで舌を噛んでいないか1時間半ぐらい観察していただき、もし噛んでいれば注意して噛まないようにしていただきたかったのですが、残念ながら舌を噛んでしまいました。

この場合は舌が口内炎のようになり、腫れてしまうので、唇を閉じることができません。

このようなことが無いようにおしゃぶりをしっかり習慣付けていただきたかったです。

次回からはバイトブロックで舌を噛まないように1時間半、お母さん方に頑張っていただく予定です。

« 9月10日日曜日東京で舌小帯短縮症の講演依頼 | トップページ | 舌小帯切除は生後3か月が一番有効! »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ