« 舌小帯切除を行わない小児科医や国立大学病院は医師法第十九条義務違反になる可能性があります | トップページ | ハーモニックのデモ »

小児科にかかって「様子を見ましょう」と言われた

先週も小児科にかかって「様子を見ましょう。」と言われた子供さんが来院しました。

一昨日、ブログに書きましたが保険診療で舌小帯切除があるにもかかわらず、処置・手術を行わないのは保険医の義務違反になります。

もしできないのであれば、紹介状を書かなければなりません。

小児科医は舌小帯切除手術を行ったことがなく、小児科学会が200人のアンケートで10数人舌小帯の処置を行った小児科医がいたのに何故か必要ないと発表しました。

通常は実態調査が必要です。

それも舌小帯の長さの程度を区別して調査しなければなりません。

また、小児科医は「様子を見ましょう。」と言った赤ちゃんの追跡調査をちゃんと行っているか疑問です。

「成長と共に舌小帯が伸びる。」は追跡調査の結果分かることです。

また、「ことばの教室」にどのくらい通っているのか実態調査をして、乳児期に舌小帯切除の必要性を言語聴覚士の方々も医師に意見を言わなければなりません。

« 舌小帯切除を行わない小児科医や国立大学病院は医師法第十九条義務違反になる可能性があります | トップページ | ハーモニックのデモ »

健康」カテゴリの記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ