« Yahooヘルスケアの舌癒着症(舌小帯短縮症)の間違い! | トップページ | Tongue Tie Release »

舌癒着は存在しない

癒着と言うのは、本来は分離しているはずの臓器・組織面が、外傷や炎症のために、くっつくことです。

オトガイ舌筋は下顎骨オトガイ棘より起こり、舌骨・舌背で停止する。

ですから、舌と下顎骨が癒着とは言いません。

「舌小帯短縮症」

これは「舌癒着症」とは言いません。

舌小帯が短い状態を「癒着」とは言いません。

「舌癒着症」にはちゃんと「舌小帯が短いことは関係ない。」と説明会の文章に書かれています。

それと「呼吸の問題である。」と

あれっ?舌小帯を切ってもらいにかかったのに「呼吸の問題?」

「オトガイ舌筋を3層切る?鼻の通りも悪いので『口腔前庭拡大術?』、扁桃腺、アデノイドも?」

みなさんはお医者さんが言っているし、これで赤ちゃんの哺乳障害が治るんなら手術を受けようと思ってしまうのです。

普通ならこんなバカげた手術受けるはずないのですが、小児科で舌小帯切除をやっていないし、どこもやっていないとなれば話は別。

また、集団説明会で体験者が発言すれば余計信じてしまいます。

冷静に考えれば、舌癒着症は日本人の94%なっていて、舌・喉頭蓋・喉頭が前方に偏位しているなんてレントゲンも見せられないで信じますか?

舌の癒着部位を確認しないで、舌の根元でなく舌小帯の中央を切るわけです。

そして健康な筋肉まで縫合せずに切ってしまいます。

すると開放創なので傷口は瘢痕治癒してしまいます。

これが本当の「舌癒着」です。

つまり舌癒着症の手術をして本当の「舌癒着」を作ってしまうわけです。

もっとひどいのは、上唇小帯異常と言って「口腔前庭拡大術」をしますが、実は鼻の下の鼻中隔下制筋と言う筋肉をレーザーで切ってしまい、鼻の穴を変形させてしまう手術なんです。

舌癒着症の論文に、「鼻の穴を大きくすれば空気を多く取り込める。そうすれば長生きできる。」という呆れた持論なのです。

鼻の変形は手術前には説明がありません。

説明したらやる人もいないし、口腔前庭拡大術は「ブリーズライト」で代用できるようですから。

以前にも舌癒着症の手術を受けて相談された方のメールをこのブログに載せました。

それを参考にしてください。

メールの内容は生後4か月の赤ちゃんのお母さんが、舌癒着症の症状と同じものがあったので手術を受けたところ、翌日赤ちゃんの顔色が紫色になって慌てて他の病院にかかったという話。

その先生に「どうしたらこんな状態になるの?」と聞かれるくらい口の中を電気メスで切られた状態のようでした。

« Yahooヘルスケアの舌癒着症(舌小帯短縮症)の間違い! | トップページ | Tongue Tie Release »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ