« 2016年舌小帯切除患者 | トップページ | アメリカでのTongue Tie Release 舌小帯切除 »

ある病院は保険診療で赤ちゃんの舌小帯を切開しているが“不正請求”

舌小帯短縮症は保険診療では“舌小帯異常”という病名で、“舌小帯形成術”という手術名で「舌小帯切断伸展術」と言う術式である。

本来は、切開と言うのは歯科では膿の切開だけである。

だから舌小帯をレーザーやハサミで切っただけでは保険請求できないのである。

ちゃんと縫合は何糸したかカルテ記載されなければならない。

当然、切開だけだと瘢痕治癒して舌小帯は固く太くなります。

舌小帯切除手術は簡単なものでありません。

« 2016年舌小帯切除患者 | トップページ | アメリカでのTongue Tie Release 舌小帯切除 »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ