« 赤ちゃんの哺乳障害は舌小帯が原因! | トップページ | 新年になって6人問い合わせがありました »

舌小帯切除は誰もやっていなかった

私が舌小帯切除を始めた27年前は誰もやっていなかったため、最初は舌小帯の真ん中を電気メスでちょっと切っただけでした。

当然、傷口が広がるだけで舌小帯は全然伸びていません。

同じ処置を富士市中央病院の耳鼻咽喉科でもやっていました。

そう全然舌小帯は伸びません。

そこで大学の同級生で口腔外科の水谷先生にお願いして舌小帯伸展術を行ってもらいました。

それから2人で色々相談して、現在の手術方法になりました。

そして今月からアメリカの手術方法を少し取り入れていこうと思っています。

それは舌小帯を切るとダイヤモンド型に傷口は広がります。

舌の根元の部分は舌下小丘という唾液が出る部位なので縫合できません。

そこだけ傷口が広がるので治りが悪いです。

それを解消する方法です。

こんなことを考えているのは私だけです。

なぜならどこも舌小帯のことを研究している医療機関が無いんです。

当然学会もないし、舌小帯切除を反対している医療界では論文を書いても絶対に通りません。

« 赤ちゃんの哺乳障害は舌小帯が原因! | トップページ | 新年になって6人問い合わせがありました »

健康」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ