« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

舌癒着症って何?

みなさんは舌小帯短縮症と舌癒着症が同じものと勘違いしています。

別物と言うより、舌癒着症はひとりの耳鼻咽喉科医が作った病気です。

矛盾することや健康な筋肉や組織を切断、摘出してしまいます。

まさかお医者さんが病気でないところを切ったり摘出したるするはずがないという先入観念が働きます。

殆どの人は、舌癒着症は舌小帯を切ってくれるものと信じ込んでいます。

これは小児科にかかっても『様子を見ましょう。』と突き放されるためです。

舌癒着症の症状を見ると殆どどの赤ちゃんにも見られる症状で、睡眠時無呼吸症の症状も含まれているために舌癒着症の手術を受ければ治ると思ってしまうのです。

しかし、『治るとは書いてありません。』

問診票もこの不定愁訴のオンパレード。

1つでも当てはまれば舌癒着症です。

赤ちゃんは夜泣き、哺乳障害、大理石模様皮膚などです。

『舌癒着症は舌小帯は関係なく、舌・喉頭蓋・喉頭が前方に偏位しているもの』と書かれています。

ということは舌小帯短縮症ではないのです。

舌癒着症は最初無料説明会をして、終わりに無料診断する場合と、初めから集団で初診で集めて、舌癒着症の歴史や手術を説明して、体験者に話をさせるようです。

大体は勘違いして舌癒着症にかかったんですから、『舌癒着症と舌小帯短縮症は違うよ。』と言って帰してくれればいいのですが、日本人の94%が舌癒着症と言う持論があるため、『舌小帯が短いとかは関係ない。呼吸に問題がある。』として舌癒着症にされてしまいます。

舌癒着症の確定診断はなんと『舌小帯の分類と付着位置』なんです。

【0,0】【0,3】【3,0】【T,T】だったかな?

【T,T】はなんとTongue Tie(舌小帯短縮症)の略です。

癒着している部位を特定するのではないのです。

それでオトガイ舌筋を3層だか切るのだそうですが、舌癒着症の病院によっては3回切る医者もいれば、オトガイ舌筋を糸で結んで切るという方法をやっており、統一されていません。

みなさんも冷静に考えれば舌の筋肉を切って、舌と喉頭蓋と喉頭がポンと後ろに戻るわけがありません。

本来の位置も特定していません。

レーザーでオトガイ舌筋、神経、血管を縫合しないで切りっぱなしなので、本当の「癒着」になります。

赤ちゃんの場合はパルスオキシメーター(睡眠時無呼吸症の簡易検査)で行われ、正常は99%なんですが、赤ちゃんは泣いている時に息を止めるため92%ぐらいになります。

これを元に赤ちゃんは呼吸に問題があるとされます。

赤ちゃんの場合はこれで『舌癒着症』になってしまいます。

そして上唇小帯も異常とされ、『口腔前庭拡大術」と言って鼻の下の筋肉をズタズタに切断して、鼻の穴を上向きにして変形させて空気を多く取り込めば長生きできるという“持論”でこの手術も行われます。

あと2つ、扁桃腺摘出、アデノイド摘出を同時に行われます。

当然、赤ちゃんは虫の息になります。

大人はこれにファイバースコープで後頭部を診ますが、舌・喉頭蓋・喉頭が上前方に移動して事実はありません。

でも本来は辻褄を合わせるためには、ファイバースコープの像が、術前では舌や喉頭蓋や声帯が見えず、術後では後ろに舌、喉頭蓋、喉頭が全て観えたはずであるが、残念ながら逆の説明をしているようです。

本当に耳鼻咽喉科医かな?

舌癒着症のレントゲン、CT、MRIは一枚もありません、存在しません。

耳鼻咽喉科医なら当然喉頭の構造は熟知しているはずなので、舌・喉頭蓋・喉頭が上前方に偏位しているなどと絶対にあり得ないと知っているはずである。

だから宗教?

とまで言われる所以です。

ではなぜみなさん手術を受けるのでしょうか?

それは集団説明会と手術までの日数が少ないことです。

疑問を抱かせないことです。

それと医者が病気でもないところを切除や撤去しないと思われているからです。

 

上唇小帯の切除について

アメリカでも舌小帯と一緒に上唇小帯切除を勧めているサイトがあります。

これは赤ちゃんが哺乳の際に上唇と下唇で乳房にぴったりくっついて口の中を“真空状態”にして母乳を飲んでいると言われているからです。

ティートカップと呼ばれる搾乳ユニットを付け、真空ポンプで作られた真空圧(陰 圧)と大気圧を交互に利用して、乳房内に溜っている乳を吸引することで搾乳します。

赤ちゃんはこれに乳首を舌で引っ張り込んで、舌の蠕動運動でも行っているようです。

その際に上唇小帯が邪魔して真空状態にできないという理由で上唇小帯は切るようです。

しかし、上唇小帯は柔らかく哺乳の際には邪魔になりません。

上唇小帯の一番の問題は永久歯に生えかわった時に“すきっぱ”になることです。

これは上唇小帯は唇側だけでなく、口蓋側にまで入り込んでいるためです。

ですから“すきっぱ”正中離開は永久歯に生えかわる6歳前後に左右の中切歯が生えてきてすぐに切ることが大事です。

実は、2~3歳ぐらいに幼児は転んで前歯付近をぶつけて、上唇小帯が切れることがあります。

しかし、口蓋側に入った上唇小帯は撤去しない限り無くなりません。

上唇小帯の手術で絶対に騙されていけないのは、『舌癒着症』の手術でセットで行われる『口腔前庭拡大術』です。

最初は上唇小帯の付着異常が原因と説明を受けますが、『上唇小帯形成術」ではないのです。

口腔前庭というのは、下顎なら歯の下の歯肉の一番深い部分、上顎なら歯の上の歯肉の一番鼻に近い部分です。

口腔前庭拡大術はレーザーで左右の犬歯の上顎の歯肉と上唇の移行部に6cm程切開して鼻の穴に向かってレーザーで鼻中隔下制筋と言う筋肉をズタズタに切ってしまうものです。

およそ手術と呼べるものではありません。

この鼻中隔下制筋というのは、鼻を下に引っ張る筋肉です。

それが切断されれば、鼻は上を向き変形します。

舌癒着症を作った耳鼻咽喉科医の持論です。

舌癒着症の手術を受けると言うことは、もれなく口腔前庭拡大術・扁桃腺摘出・アデノイド除去手術が付いています。

舌癒着症の手術だけと言うわけにはいきません。

舌癒着症の手術に疑問を持って止めたお母さんがいて良かったです!

舌癒着症は舌小帯が短いのは関係ない。

舌が下顎と癒着しているために喉頭蓋、喉頭も前方に偏位しているため、呼吸がし辛いというもの。

日本人の94%が罹患している。

赤ちゃんの哺乳障害で困っているお母さんは小児科で舌小帯を切ってくれないため、助産師に相談して「舌癒着症」の病院を紹介される。

病院にかかった時点でもう舌癒着症と診断され、舌癒着症手術・口腔前庭拡大術・扁桃腺摘出・アデノイド除去の4つの手術までやってしまいます。

殆どのお母さんは何のための手術か理解されていません。

舌癒着症手術は舌の裏の真ん中をレーザーでオトガイ舌筋まで深く切ります。

何処が癒着しているの?

舌と下顎が癒着しているはずだから、もっと下じゃあないの?

あれっ、レントゲンって撮ったっけ?

舌や喉頭蓋や喉頭がどれだけ前方に移動しているのか説明を受けたっけ?

切って正常の位置に戻ったかどうかどうやって確認するの?

上唇小帯を指摘されたのになぜ口腔前庭拡大術になるの?

口腔前庭拡大術を受けると鼻の穴が変形するとどうして説明してくれないの?

扁桃腺とアデノイドはなぜ赤ちゃんで切らなければいけないの?

赤ちゃんは泣いている時は呼吸が止まるのでパルスオキシメーターでは正常の99%以下になるのは当たり前となぜ説明してくれないの?

など疑問をちゃんと説明してもらいましょう!

4つの手術は要らないです。舌癒着症だけにしてくださいと言うと、手術はしてもらえないという噂があります。

少し冷静に考えれば分かることです。

翌日の消毒も異常なし

舌小帯切除手術翌日の消毒も全員異常なしです。

赤ちゃんはどうしても口呼吸になりやすいので術前におしゃぶりをしっかり練習してください。

口を閉じてごっくんしないとだらだらよだれが出ます。

1月22日舌小帯切除無事終了

今年最初の舌小帯切除手術は無事終了しました。

8人でした。

次回は2月26日日曜日午前中ですが、予約は終了しています。

3月26日も予約が入り始めていますので、お早めにどうぞ。

超音波凝固切開ハーモニックの使用

アメリカの手術方法はクランプで舌小帯を10秒挟んで、その圧接した舌小帯をハサミで切る方法がyoutubeに紹介されていましたが、それよりも早い超音波凝固切開ハーモニックの使用を検討しています。

これは腹腔内手術の際に腸間膜を凝固して切開するという画期的な方法です。

これを舌小帯切除に使用したら知り合いの医師に昨日アドバイスしていただき、早速ジョンソン・エンド・ジョンソン社に電話で問い合わせしたところ、2月2日にデモに来てくれるという返事をいただきました。

ただし、医科の手術では保険適応になっていますが、舌小帯切除ではありません。

そのため自費診療になる可能性があります。

この実績を厚生労働省に報告すれば近い将来保険適応してもらえるかもしれません。

縫合が無いので患者さんには大助かりですし、唾液腺を縫合して粘液嚢胞を作らなくて済みます。

ただ、治癒は確認されていませんのでこれからの課題です。

舌小帯切除手術のビデオ

8年前の舌小帯切除手術です。

そのため現在の手術方法と多少異なります。

「舌小帯短縮症」

http://www.tongue-tie.jp/

残念ながらこのブログにはアップできません。

参考にしてください。

Tongue Tie Release

https://www.youtube.com/watch?v=bm3xGBCC71o

Tongue Tie Release と言うのは舌小帯を自由にする、開放するという意味です。

アメリカだと思いますが、哺乳障害が舌小帯短縮症で起こるという話をしています。

小児科医は小児科学会のずさんな調査で舌小帯切除が必要が無いとしてしまったため、日本においては情報が一切入ってこない鎖国状態になっています。

私がいくらこのブログで主張しても、マスコミは小児科学会を鵜呑みにしているため記事にすらなりません。

昨日、また舌小帯切除の問い合わせがありました。

いつまでジャーナリストさんたちは目をつぶっているんでしょう?

舌癒着は存在しない

癒着と言うのは、本来は分離しているはずの臓器・組織面が、外傷や炎症のために、くっつくことです。

オトガイ舌筋は下顎骨オトガイ棘より起こり、舌骨・舌背で停止する。

ですから、舌と下顎骨が癒着とは言いません。

「舌小帯短縮症」

これは「舌癒着症」とは言いません。

舌小帯が短い状態を「癒着」とは言いません。

「舌癒着症」にはちゃんと「舌小帯が短いことは関係ない。」と説明会の文章に書かれています。

それと「呼吸の問題である。」と

あれっ?舌小帯を切ってもらいにかかったのに「呼吸の問題?」

「オトガイ舌筋を3層切る?鼻の通りも悪いので『口腔前庭拡大術?』、扁桃腺、アデノイドも?」

みなさんはお医者さんが言っているし、これで赤ちゃんの哺乳障害が治るんなら手術を受けようと思ってしまうのです。

普通ならこんなバカげた手術受けるはずないのですが、小児科で舌小帯切除をやっていないし、どこもやっていないとなれば話は別。

また、集団説明会で体験者が発言すれば余計信じてしまいます。

冷静に考えれば、舌癒着症は日本人の94%なっていて、舌・喉頭蓋・喉頭が前方に偏位しているなんてレントゲンも見せられないで信じますか?

舌の癒着部位を確認しないで、舌の根元でなく舌小帯の中央を切るわけです。

そして健康な筋肉まで縫合せずに切ってしまいます。

すると開放創なので傷口は瘢痕治癒してしまいます。

これが本当の「舌癒着」です。

つまり舌癒着症の手術をして本当の「舌癒着」を作ってしまうわけです。

もっとひどいのは、上唇小帯異常と言って「口腔前庭拡大術」をしますが、実は鼻の下の鼻中隔下制筋と言う筋肉をレーザーで切ってしまい、鼻の穴を変形させてしまう手術なんです。

舌癒着症の論文に、「鼻の穴を大きくすれば空気を多く取り込める。そうすれば長生きできる。」という呆れた持論なのです。

鼻の変形は手術前には説明がありません。

説明したらやる人もいないし、口腔前庭拡大術は「ブリーズライト」で代用できるようですから。

以前にも舌癒着症の手術を受けて相談された方のメールをこのブログに載せました。

それを参考にしてください。

メールの内容は生後4か月の赤ちゃんのお母さんが、舌癒着症の症状と同じものがあったので手術を受けたところ、翌日赤ちゃんの顔色が紫色になって慌てて他の病院にかかったという話。

その先生に「どうしたらこんな状態になるの?」と聞かれるくらい口の中を電気メスで切られた状態のようでした。

Yahooヘルスケアの舌癒着症(舌小帯短縮症)の間違い!

Yahooヘルスケアのキュレーションサイトでも間違っています。

舌癒着症(舌小帯短縮症) tongue tie  Ankyloglossia

と明記されていますが完全な間違いです。

そして治療に小児科に相談してくださいとありますが、小児科学会は禁止しています。

welq同様止めて欲しいです。

新年になって6人問い合わせがありました

2017年に入ってすぐ6人の方から問い合わせがありました。

ちょっとハイペースです。

当然2月の予約は終了しました。

新社会人で滑舌が悪かったり、海外に留学される方で「L」の発音ができない方はもう3月しかありません。

ご了承ください。

舌小帯切除は誰もやっていなかった

私が舌小帯切除を始めた27年前は誰もやっていなかったため、最初は舌小帯の真ん中を電気メスでちょっと切っただけでした。

当然、傷口が広がるだけで舌小帯は全然伸びていません。

同じ処置を富士市中央病院の耳鼻咽喉科でもやっていました。

そう全然舌小帯は伸びません。

そこで大学の同級生で口腔外科の水谷先生にお願いして舌小帯伸展術を行ってもらいました。

それから2人で色々相談して、現在の手術方法になりました。

そして今月からアメリカの手術方法を少し取り入れていこうと思っています。

それは舌小帯を切るとダイヤモンド型に傷口は広がります。

舌の根元の部分は舌下小丘という唾液が出る部位なので縫合できません。

そこだけ傷口が広がるので治りが悪いです。

それを解消する方法です。

こんなことを考えているのは私だけです。

なぜならどこも舌小帯のことを研究している医療機関が無いんです。

当然学会もないし、舌小帯切除を反対している医療界では論文を書いても絶対に通りません。

赤ちゃんの哺乳障害は舌小帯が原因!

https://www.youtube.com/watch?v=XZae0tz8RPE

小児科医のブログで、「舌小帯が短いのは哺乳障害が原因ではない。様々な要因がある。」と書かれていますが、アメリカでは舌小帯と上唇小帯が原因と言われています。

なぜ日本の舌小帯は遅れている原因は、小児科学会が舌小帯切除を禁止してしまったからです。

理由をよく読めば、いかに杜撰な調査だったか分かります。

実態調査でなく、アンケートなんです。

それも26%舌癒着症があったにもかかわらず。(舌小帯短縮症と舌癒着症を混同している)

これによって、東京医科歯科大学もやっていないようです。

アメリカでのTongue Tie Release 舌小帯切除

https://www.youtube.com/watch?v=bm3xGBCC71o

アメリカでは、舌小帯切除はレーザーかハサミで切り、傷口がダイヤモンド形になるような開放創がポピュラーのようでした。

しかし、今日観たyoutubeでは面白い方法をやっていました。

それは舌小帯に綿棒で表面麻酔だけ、若しくは必要があれば局所麻酔して“コッヘル”で舌小帯を10秒摘まんで中の血管を潰すのだそうです。

“コッヘル”をはずして挫滅した部分をハサミで切れば出血が無いというものだそうです。

ウチでも取り入れてみようと思います。

上手くすれば縫合による引き攣れが無くなるし、粘液嚢胞を作らなくて済みます。

ある病院は保険診療で赤ちゃんの舌小帯を切開しているが“不正請求”

舌小帯短縮症は保険診療では“舌小帯異常”という病名で、“舌小帯形成術”という手術名で「舌小帯切断伸展術」と言う術式である。

本来は、切開と言うのは歯科では膿の切開だけである。

だから舌小帯をレーザーやハサミで切っただけでは保険請求できないのである。

ちゃんと縫合は何糸したかカルテ記載されなければならない。

当然、切開だけだと瘢痕治癒して舌小帯は固く太くなります。

舌小帯切除手術は簡単なものでありません。

2016年舌小帯切除患者

2016年舌小帯切除患者数

Glaf

Tonguetiemap


昨年は全国からいらっしゃっていただきありがとうございました。

今年も一人でも多くの舌小帯短縮症の治療を行っていきたいと思います。

残念ながら、一月に10人ぐらいが限度です。

ご理解のほどお願いします。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ