« 舌癒着症(舌・喉頭蓋・口腔偏位症)は嚥下運動の咽頭期の一瞬の状態のことで病気ではない! | トップページ | 7月24日日曜日舌小帯切除手術無事終了しました! »

舌小帯の短縮症の考え方

http://www.tmd.ac.jp/dent/pedo/cn5/pg138.html

東京医科歯科大学歯学部付属病院小児歯科外来に舌小帯短縮症の考え方が載っていました。

これは昨年、平成27年7月に小児科学会主催の「舌小帯を考える」とかいうシンポジウムのことだと思います。

これは小児科医・ひだっまりクリニックのブログ、「舌小帯を切ったことを後悔しているお母さんへ・・・」に出てくる、舌小帯切除を反対している小児科医のシンポジウムの内容です。

このブログにコメントしたんですが、反論できないと削除されてしまいました。

また、舌小帯切除のエビデンスを求められましたので、厚生労働省の認める保険診療に入っている旨も伝えました。

するとそれも削除。

最後には、学会で論文を出せばいいではないかという始末。

小児科学会が舌小帯切除を禁止しているためにどこの学会も通るわけありません。

舌癒着症と小児科学会の板挟み状態です。

地道にやっていくしかありません。

医科は一度言ったことに関しては、絶対に取り消しません。

« 舌癒着症(舌・喉頭蓋・口腔偏位症)は嚥下運動の咽頭期の一瞬の状態のことで病気ではない! | トップページ | 7月24日日曜日舌小帯切除手術無事終了しました! »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ