« 舌小帯切除後1か月の粘液嚢胞 | トップページ | 舌小帯切除とスマイルスリーパーとタンスプリントトレーニングされている方からのメール »

昔から舌小帯が短いことを癒着と勘違いしてされている

舌小帯短縮症は昔から舌癒着症と勘違いされている。

舌小帯が短いので舌と下顎がくっついているからである。

これをみなさん、医者も勘違いしている。

ただ単に舌小帯が短いだけなのである。

« 舌小帯切除後1か月の粘液嚢胞 | トップページ | 舌小帯切除とスマイルスリーパーとタンスプリントトレーニングされている方からのメール »

健康」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔から舌小帯が短いことを癒着と勘違いしてされている:

« 舌小帯切除後1か月の粘液嚢胞 | トップページ | 舌小帯切除とスマイルスリーパーとタンスプリントトレーニングされている方からのメール »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ