« 舌癒着症の手術を信じないと傷口の癒着は必ずある! | トップページ | レーザーでは舌小帯切除後の再癒着は防止できません! »

口腔前庭拡大術は存在しない、口腔前庭拡張術なら歯周外科手術名である!

口腔前庭拡大術という手術名は存在しない。

なぜなら、舌癒着症の耳鼻咽喉科医が勝手に名前を付けたからです。

目的は、「鼻の穴を大きくする。」もので、顔から直接手術するとバレるので、口の中から鼻の下を切開して、レーザーで鼻中隔下制筋、口輪筋と神経を切断してしまうものです。

はっきり言って、鼻の穴を大きくして空気を取り込みやすくするという耳鼻咽喉科医の妄想です。

それを上唇小帯をちょこっと切るだけとみなさん騙されているのです。

では、初めから「鼻の穴を大きくする手術」と説明されて手術する人はいますか?

鼻の穴が大きい人は長生きするという妄想のために皆さん口腔前庭拡大術なんて訳の分からない手術を受けているのです。

鼻の穴は一度大きくなったら元に戻せません。

形成外科でも難しいです。

故・マイケル・ジャクソンは黒人独特の鼻を整形手術で小さくしましたが、崩壊してしまいました。

形成外科でも難しいのに、口輪筋、鼻中隔下制筋を切断されていれば元に戻すことは不可能です。

また口腔前庭拡張術は歯周外科手術にありますが、これは歯周病で狭くなった歯肉の幅を広げる手術で、口の中だけです。

口腔前庭と言うのは口の中のことです。

鼻は関係ありません。

« 舌癒着症の手術を信じないと傷口の癒着は必ずある! | トップページ | レーザーでは舌小帯切除後の再癒着は防止できません! »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ