« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

舌小帯切除後の舌の咬傷

乳歯が生え揃っている時期の舌小帯切除はどうしても舌の麻酔が1時間ぐらい効いているためお子さんは面白がって舌を噛んでしまいます。

いつも手術の前に気を付けてくださいとお母さんに説明しても実感がわかないようです。

防止策は1歳から6歳ぐらいまでは舌小帯切除をしないことです。

乳歯が生えていない赤ちゃんの時にやればいいのです。

でもそうはいきませんので、1時間半麻酔が切れるまで注意してもらうしかありません。

咬傷になった場合は『アフタゾロン』という軟膏を購入して3~5回塗ってもらうしかありません。

2日後ぐらいには治ります。

6月26日日曜日舌小帯切除手術無事終了

6月26日日曜日舌小帯切除手術無事終了しました。

大人が2人、赤ちゃんが2人、幼児が3人でした。

次回は7月24日日曜日午前中です。

予約は終了しています。

舌癒着症の病院にかかった時点で舌癒着症にされる!

舌癒着症の病院に、「舌癒着症かどうか?」診てもらおうなんて思ってもいけません。

なぜなら、舌癒着症では日本人の94%が舌癒着症と思っていますから、必ず初診で舌癒着症と診断され、手術まで決められてしまいます。

舌癒着症のドクターは舌癒着症の症状で患者が来ていると思っていますから。

でも、舌癒着症の症状は誰もが持っている不定愁訴です。

ひっかかってはいけません。

レーザーでは舌小帯切除後の再癒着は防止できません!

レーザーで安易に舌小帯を切ると開放創になり、瘢痕治癒します。

もし瘢痕治癒した場合は、癒着防止シートを開放創に貼って縫合するか、Z縫合などの特殊な縫合でなければなりません。

瘢痕治癒した傷口をレーザーで撤去しても、また開放創を作るだけでまた瘢痕治癒します。

レーザーの利点は止血できるだけです。

きちんと縫合しなければ手術はダメです。

心臓外科手術で手術後は開放創にしますか?

そんなバカな手術をする医者はいません。

口腔前庭拡大術は存在しない、口腔前庭拡張術なら歯周外科手術名である!

口腔前庭拡大術という手術名は存在しない。

なぜなら、舌癒着症の耳鼻咽喉科医が勝手に名前を付けたからです。

目的は、「鼻の穴を大きくする。」もので、顔から直接手術するとバレるので、口の中から鼻の下を切開して、レーザーで鼻中隔下制筋、口輪筋と神経を切断してしまうものです。

はっきり言って、鼻の穴を大きくして空気を取り込みやすくするという耳鼻咽喉科医の妄想です。

それを上唇小帯をちょこっと切るだけとみなさん騙されているのです。

では、初めから「鼻の穴を大きくする手術」と説明されて手術する人はいますか?

鼻の穴が大きい人は長生きするという妄想のために皆さん口腔前庭拡大術なんて訳の分からない手術を受けているのです。

鼻の穴は一度大きくなったら元に戻せません。

形成外科でも難しいです。

故・マイケル・ジャクソンは黒人独特の鼻を整形手術で小さくしましたが、崩壊してしまいました。

形成外科でも難しいのに、口輪筋、鼻中隔下制筋を切断されていれば元に戻すことは不可能です。

また口腔前庭拡張術は歯周外科手術にありますが、これは歯周病で狭くなった歯肉の幅を広げる手術で、口の中だけです。

口腔前庭と言うのは口の中のことです。

鼻は関係ありません。

舌癒着症の手術を信じないと傷口の癒着は必ずある!

舌癒着症の医師がブログで、舌癒着症を信じていない医者の子供に手術すると、必ず術後「傷口は癒着」するのだそうです。

医者の殆どは舌癒着症を信じていないので、舌癒着症の説明会に医者は出ずに母親が参加するため、癒着する。

信じる者は何とかという世界のようです。

医者がまじめにそんなことをブログに書いているのもスゴイです。

手術・失敗・舌癒着症で検索されている方へ

手術を受ける際に、「手術・処置・検査を一切お任せします。」と言う手術承諾書にサインすると医師側に責任が無いように勘違いされている方が多いです。

こちらを参考にしてください。

http://www.iryou-kago.jp/htmls/attention10.html

まずは弁護士さんに相談してください。

舌癒着症は1989年まで「舌小帯短縮症」だった!

舌癒着症を作った医師は1989年まで「舌小帯短縮症」の手術をしていたようです。

私も経験しましたが、舌癒着症を非難している小児科医のブログに「舌癒着症」と「舌小帯短縮症」とは別物ですよとコメントしたんですが、まったく話が通じず、小児科医に都合が悪い情報をコメント欄の載せたところ、削除されました。

恐らく、舌癒着症を作った医師もこういう経験したので、舌小帯短縮症と違う「舌癒着症」を作ったんだなと感じました。

私と舌癒着症の医師との違いは、私はブログやHPに舌小帯短縮症を掲載して、地道にやっていることです。

医療関係の情報は言ったもん勝ちで、インフルエンザの予防で手洗いとうがいなんて予防にならないものが主流になっています。

一度、認めたものは絶対に訂正しません。

だから舌小帯短縮症も地道に普及する以外ないのです。

舌癒着症は舌小帯短縮症と違うと言っておきながら、舌癒着症の分類は舌小帯の分類だけで、舌・喉頭蓋・喉頭が上前方に移動しているなんて検査は無し。

それだけで手術決定。

問診で「肩こり、睡眠時無呼吸症、噛み合わせが悪ければ、検査なしで「舌癒着症」決定です。

というか、舌癒着症のクリニックにかかった時点で、舌癒着症の手術決定です。

手術内容も舌と上の小帯をちょっと切るだけと言う説明だけ。

内視鏡で喉頭を診たところで上前方に移動しているなんて分かるわけありません。

おまけに鼻の穴を大きくしてくれる口腔前庭拡大術、扁桃腺、アデノイドもセットで切ってくれます。

仕上げは、「呼吸が楽になった、鼻の通りが良くなった。」と暗示をかけてくれます。

舌小帯短縮症の手術と同じでは困るので、舌小帯の下の筋肉まで切ることにしたようです。

他の舌癒着症のブログには、舌癒着症を信じない医者の子供は術後傷口が「癒着」するそうです。

舌癒着症を信じないと治らないそうです。

宗教ですね。

後遺症・舌癒着症で検索されている方へ

後遺症・舌癒着症で検索されている方へ。

舌癒着症なんて、一人の耳鼻咽喉科医が作った病名なので、あるわけがないのです。

舌や喉頭蓋や喉頭が上前方に移動しているなんてレントゲン・CT・MRIで、舌癒着症の医者も一人も見たことが無いと思います。

それに舌・喉頭・喉頭蓋が前方に移動していると、嚥下ができません。

喉頭蓋が喉頭を蓋をして、食道に食物を流し込むわけなので、喉頭が上前方に移動していたら「誤嚥性肺炎」で全員死んでしまいます。

現実はそんなわけないのです。

そして、なんでもかんでも不定愁訴を舌癒着症が原因と結びつけているからです。

オトガイ舌筋を3層切るとか言っていますが、舌のオトガイ舌筋は格子構造になっています。

オトガイ舌筋は舌を上に挙げたり、いろんな形に舌を変形させるようにこのような格子構造になっています。

3層だか何層切っても舌は後下方に移動はしません。

オトガイ舌筋3層切った直後、舌が沈下して窒息死することになります。

舌癒着症の手術後は後下方に移動したことは確認しません。

このように舌癒着症はとってつけたものなので、いい加減なのです。

01_19

上唇小帯切除・いぜつ筋・鼻の下で検索されている方へ

上唇小帯切除・いぜつ筋・鼻の下で検索されている方へ、やらないでください。

上唇小帯は正中離開と言って、上顎左右の前歯に隙間がある場合に上唇小帯切除はします。

それ以外は行いません。

この場合は、上唇小帯異常という病名で、「頬・口唇・舌小帯形成術」と手術名で保険診療で行うことができます。

舌癒着症を作った医師は、自分の学会誌に「鼻の穴が大きいと空気を多く取り込むので長生きする。」と記載されています。

実は口腔前庭拡大術と言うのは「鼻の穴を大きくするための処置」なんです。

上唇小帯癒着はウソで、まさか「鼻の穴を大きくして鼻の通りをよくする」なんて言えば誰もやらなくなります。

だから上唇小帯をちょっと切るだけと騙して鼻中隔下制筋や口輪筋をレーザーで切断するのです。

そして大きくなった鼻の穴は元に戻すことはできません。

形成外科でも至難の業です。

いぜつ筋とありますが、これは頤(オトガイ)舌筋といいます。

舌癒着症の手術後に必ず「呼吸が楽になったでしょう?」と暗示をかける

舌癒着症では手術の後に必ず、「呼吸が楽になったでしょう?」と執刀医が暗示をかける。

舌に麻酔がかかっているので患者は返事ができない。

すると呼吸が楽になった気がして、頷いてしまうのです。

赤ちゃんの場合は、オトガイ舌筋、扁桃腺、アデノイドを切断しているので、泣き声が掠れる。

それを執刀医はお母さんに、「声のトーンが高くなった。」と母親に暗示をかけるのである。

直接声帯に手術しなければなるはずがありません。

翌日の消毒でも、「呼吸が楽になったでしょう。」と再度暗示をかける。

本当は変わりないの。

それともうひとつ、「鼻の通りが良くなったでしょう。」がワンセット。

これが舌癒着症の手術してよかったにカウントされる仕組みです。

脱水症状で入院

舌小帯を切った赤ちゃんで母乳が飲めなくなって脱水症状を起こす場合があります。

母乳を搾乳してスポイトで飲む練習を術前していただいたり、哺乳瓶の乳首の穴を箸で大きく開けて飲む練習をしていただきますが、できない場合もあります。

その場合は近くの小児科で点滴をしてもらうしかありません。

これから夏に向けて、赤ちゃんの舌小帯切除は脱水症状になる危険性がありますので、かかりつけの小児科で点滴がいつでも行えるように頼んでおいてください。

先月、入院する事例がありましたのでご報告します。

舌癒着症の口腔前庭拡大術は鼻の穴を横に大きく広げる手術

舌癒着症の口腔前庭拡大術は鼻閉や上唇小帯癒着な診断されるが、実は鼻の下の鼻中隔下制筋や口輪筋を切断して、上唇を動かなくするものである。

そのため鼻を下に動かすことができないため鼻の穴は大きく横に広がるんだそうです。

この手術は長生きの人は鼻の穴が大きく、口が大きく、顎が張っている特徴があるから、鼻の穴を大きくする口腔前庭拡大術を始めたようです。

ブリーズライトで代用できるのに。

7月の舌小帯切除の予約は残り2人です

7月の舌小帯切除の予約は残り1人になりました。

トレーニングもありますので多くはできません。

8月は28日日曜日午前中になります。

当然脱水症状を起こすと困りますので、少人数4人ぐらいです。

ご予約はお早めにお願いします。

喉頭蓋偏位なんてありません!

喉頭蓋偏位なんてありません。

喉頭蓋は喉頭の上についている弁みたいなもので、呼吸をする時は喉頭蓋は直立して喉頭・気管・肺に空気を送り込んでいます。

嚥下の際には喉頭蓋は倒れて、喉頭を塞ぎ、食道が開いて食物が流れ込むようになっています。

嚥下が終わると喉頭蓋はまた直立して喉頭・気管・肺に空気が入っていきます。

嚥下運動はこの繰り返し。

誤嚥性肺炎はこの喉頭蓋が半開き状態でいるため、誤って唾液と混じった食物が喉頭・気管に入り込んで、唾液に混じった細菌が肺炎を起こすというものです。

加齢とともにこの喉頭蓋の動きが悪くなっていきます。

そのため喉頭蓋に食物や薬の錠剤が残る場合もあります。

広島大学の最先端治療

昨日は、4月に三男が広島大学歯学部に入学して初めての後援会の総会だったので出席しました。

総会が終わってから懇親会の席で、舌圧測定器を開発された須賀教授とお話しすることができました。

5分ぐらい、舌小帯のお話をさせていただいたところ、「データを学会に出されるといいですよ。最先端治療になるかもしれません。」とおっしゃっていただきました。

もし、本当に最先端治療に加えていただければ、関西・四国・中国・九州地方の方は助かります。

実現できればいいですね。

赤ちゃん・幼児用スマイルスリーパー(仮)とサイレント・トリートメント

昨年から、舌小帯切除後のトレーニング器具でスマイルスリーパーを使用していますが、この度、赤ちゃん・幼児用のスマイルスリーパー(仮)の試作品が届きました。

これによって赤ちゃんと幼児の後戻り防止になります。

そして赤ちゃんには無理ですが、乳児のからのサイレント・トリートメントもこれから製品化してもらえそうです。

この幼児用サイレント・トリートメントは「滑舌・構音障害」に最適なトレーニング器具です。

この2つのトレーニング器具はヤマオカインターナショナルの山岡社長のご好意によるものです。

3か月後にはできてくるそうですのでお待ちください。

Img_5965


05_02

後遺症・手術・舌小帯短縮症を検索されている方へ

ウチが行っている舌小帯切断伸展術での後遺症は、舌小帯切除は舌を引っ張って切っているために手術後は引っ込んでしまいます。

手術前と同じく動かさなければ手術前と同じ状態になります。

だからトレーニングが必要なんです。

しかし、赤ちゃんや乳幼児では中々できません。

大人ではスマイルスリーパーがありますが、赤ちゃんや乳幼児サイズがありません。

そのため現在赤ちゃん乳幼児用のスマイルスリーパーに代わるものを開発中です。

その他は、縫合の際に唾液腺を縫合して、粘液嚢胞を作ってしまうことです。

これは縫合の深さを浅くすれば問題ありません。

舌小帯を切ったことで舌先の感覚がマヒする場合があります。

しかし、これも半年もすれば改善できます。

舌小帯の診断や他の医院で切った方のトレーニングは行いません!

舌小帯短縮症の診断は行っていません。

舌小帯が短ければ切るだけのことですから、ご自身で判断してください。

他の医院で舌小帯を切った場合の術後トレーニングはお断りしています。

なぜなら術前どんな舌小帯なのか分かりませんし、舌小帯をどのように切ったのか分からないからです。

メールでのお問い合わせは手術の予約だけです。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ