« 舌癒着症の上唇小帯癒着はウソ!鼻の穴を大きくすることが目的の手術です! | トップページ | 舌癒着症なんてありません!間違えないように »

舌小帯切除の適応年齢はやはり生まれてすぐ!

昔は産婆さんが赤ちゃんを取り上げた時に、おっぱいの吸いつきが悪そうな舌小帯は切っていたようです。

生まれたばかりの赤ちゃんの舌小帯は水かきみたく薄い膜状です。

海外では爪を尖らせて切るという具合にやはり生まれてすぐに舌小帯を切っているようです。

それは哺乳の際に舌が蠕動運動のようにうにうに動くのですが、舌小帯が短いとそれができません。

実はこれが哺乳障害の原因なんです。

この蠕動運動は3か月もすれば消失してしまいます。

現在、ウチでは生後3か月以降で切りますが、本当は生まれてすぐの方が一番いいのです。

このことが産婦人科で認められれば、舌小帯を切ることができますが、小児科学会で舌小帯切除を禁止しているため不可能です。

そうすれば様々な障害で悩まない世の中になると思います。

« 舌癒着症の上唇小帯癒着はウソ!鼻の穴を大きくすることが目的の手術です! | トップページ | 舌癒着症なんてありません!間違えないように »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ