« ブログ・伊藤医師・舌小帯で検索されている方へ | トップページ | 舌小帯切除の適応年齢はやはり生まれてすぐ! »

舌癒着症の上唇小帯癒着はウソ!鼻の穴を大きくすることが目的の手術です!

舌癒着症・上唇小帯で検索されている方へ。

舌癒着症では鼻腔通気度検査をやっているようですが、舌癒着症との関連性を聞かれるといいです。

殆どの方が舌小帯短縮症を『癒着』と勘違いしてかかられています。

『癒着』というのは、炎症によって本来くっついていない組織がくっつくことで、腹膜、胎盤などがいい例です。

舌は炎症など起こしていませんから、癒着ではありません。

癒着の場合は『剥離手術』で、舌の何の炎症も癒着もない健康なオトガイ舌筋を切るなんてどうなんでしょう?

舌小帯短縮症と舌癒着症の違いは『呼吸』なんだそうです。

舌が顎に付いていると喉頭が前上方に折れ曲がって空気の流れが悪くなるんだそうです。

舌癒着症はこの状態のレントゲン、CT、MRIは無くイラストだけ、ファイバースコープのみである。

ファイバースコープでは喉頭は呼吸と嚥下を繰り返して常時動いているため、喉頭が折れ曲がっているなんて分かりません。

イラスト通りなら、ファイバースコープでは喉頭が上前方に移動しているので、喉頭蓋と声帯は見ることができないはず。

その際の術前所見が喉頭蓋が立っていると言い、他の舌癒着症クリニックでは喉頭蓋が半分蓋をしていると言っている。

術後は喉頭蓋は立っているといい、他は喉頭蓋が前方に移動して気道が見えているという所見である。

ファイバースコープにはスケールが付いていないため、移動距離など分からないのである。

もっと不思議なのは、では本来の喉頭の位置をどのようにして分かるのでしょうか?

頤舌筋を3層切ったあと、本来の位置に喉頭が戻ったかどうか確認せずに手術は終了する。

えーーっ、確認しないの?

そうです、レーザーで切りっぱなしにして、『呼吸が楽になったでしょう?』と暗示をかけて終了するようです。

翌日、ファイバースコープを入れるようですが、もし元に位置に戻っていなかったらどうするんでしょう?

結論から言いますと、舌の筋肉を切って喉頭は動かないということです。

2軒の舌癒着症の病院の食い違いからも分かるように、適当なんです。

本題の上唇小帯癒着ですが、これは保険診療の『上唇小帯異常』で『頬・口唇。舌小帯形成術』で保険診療です。

舌癒着症では『鼻の穴が大きく成れば、空気を多く取り込むことができて長生きする。』という『教え』があるため、『上唇小帯癒着』というウソの病名をつけて、『口腔前庭拡大術』というこれもウソの手術名で上顎左右犬歯の根元からレーザー切開して、口輪筋、鼻中隔下制筋、三叉神経、顔面神経をレーザーで切ってしまいます。

すると鼻翼が広がり、鼻の穴が横に広がるそうです。

初めから、『鼻の穴を大きくする手術』と患者に言えばだれもやらなくなるのでこういうウソを言うようです。

舌癒着症のドクターは『ブリーズライト』で代替えできると言っています。

えっ、それじゃあ口腔前庭拡大術なんてやらなくてもいいわけです。

後で文句を言っても、手術承諾書はこのためにあります。

もし舌癒着症にかかる場合は『呼吸は何の問題もないです、舌小帯だけ診てください。』と言いましょう。

当然、上唇小帯は異常ないですも忘れずに。

« ブログ・伊藤医師・舌小帯で検索されている方へ | トップページ | 舌小帯切除の適応年齢はやはり生まれてすぐ! »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ