« 舌小帯短縮症と舌癒着症の違い | トップページ | 舌癒着症といびきと睡眠時無呼吸症 »

失敗・手術・舌癒着症で検索されている方へ

舌癒着症はひとりの耳鼻咽喉科医が作った病名で、『喉頭が折れ曲がっている』という医学的にあり得ないものを舌の筋肉を切って下後方に喉頭を戻すなんてことを医者がマジでやっているので、失敗も成功もありません。

オトガイ舌筋を3層切っても何も変化が無いことを舌癒着症の医者はみんな知っている。

そしてレーザーで開放創にすれば瘢痕治癒して固くなることも知っている。

なぜなら、舌癒着症は再癒着が多く、その瘢痕化した舌小帯をまたレーザーで摘出して縫合しないので何度の何度も再癒着して完治することはありません。

« 舌小帯短縮症と舌癒着症の違い | トップページ | 舌癒着症といびきと睡眠時無呼吸症 »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ