« スマイルスリーパーのMRIのCGでみる気道の変化(舌癒着症のウソ) | トップページ | 舌小帯切除してもハート舌は治らない »

舌癒着症は舌小帯短縮症では無い!!!

舌癒着症は舌小帯短縮症では無い。

舌小帯の有無にかかわらず舌・喉頭蓋・喉頭の前上方への偏位により上気道の抵抗が増加し呼吸を抑制するために起きるそうです。

喉頭が前上方に折れ曲がっているんだそうです。(レントゲン・CT・MRI検査なしで診断)

髪の毛が逆立つ、大理石模様皮膚などが特徴らしいですが、赤ちゃんなら誰でもある症状です。

舌癒着症のクリニックでは、94%の人が舌癒着症であると勝手に根拠もなく信じているので、舌癒着症(舌小帯短縮症であっても)でかかっているとみなされて、全員「舌癒着症」にされてしまいます。

そして鼻の穴を大きくする手術、口腔前庭拡大術ももれなく付いてきます。

だから間違っても行ってはいけません。

« スマイルスリーパーのMRIのCGでみる気道の変化(舌癒着症のウソ) | トップページ | 舌小帯切除してもハート舌は治らない »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ