« 5月22日日曜日舌小帯切除無事終了、沖縄県・千葉県・愛知県・栃木県からいらっしゃいました | トップページ | 上唇小帯切除は上唇小帯だけではなく、入り込んだ小帯まで取らなければ正中離開は治らない »

舌小帯は必ず縫合することが基本です!

舌小帯はレーザーや電気メスでちょこっと切るだけでは、瘢痕治癒して本当の癒着になります。

歯科医や小児科医や耳鼻咽喉科医は安易に考えています。

レーザーや電気メスで舌小帯を切ると傷口はひし形に開きます。

そのままにしておけば、開放創と言って2次治癒して瘢痕治癒して固くなります。

またレーザーや電気メスで止血ができると言いますが、元々舌小帯には血管はあまりなく出血も少ないです。

寧ろ、切断面は熱で変性を起こしていて固くなっています。

よくネット上でレーザーで行った術前、術後が載っていますが、殆ど変わりありません。

レーザーや電気メスでは「切開」になり、保険診療では不正請求になります。

縫合しなければ保険では認められていません。

20151107

こんなに太くなります。

これは舌小帯を切った状態です。

このようにひし形に広がります。

レーザーや電気メスではこのままで終わりです。

傷口が治ると思いますか?

Cimg2510a

このようにきちんと縫合しなければ癒着します。


Ak3

« 5月22日日曜日舌小帯切除無事終了、沖縄県・千葉県・愛知県・栃木県からいらっしゃいました | トップページ | 上唇小帯切除は上唇小帯だけではなく、入り込んだ小帯まで取らなければ正中離開は治らない »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ