« 沖縄、鹿児島、福岡からは富士山静岡空港が便利です | トップページ | 舌小帯切除の際のハート舌の手術 »

TBSテレビ「この差って何ですか?」で「滑舌の良い人」と「滑舌の悪い人」の差

『この差は…“舌小帯”が短いかどうか

活舌の良し悪しに最も影響する原因のひとつが舌小帯の長さである。

活舌の悪い人は活舌の良い人に比べて舌小帯が短いことが多い。

舌小帯が短いと舌の稼働域が狭くなるためである。

長いか短いかの見分け方は舌を出した時に舌の先が引っ張られているかどうかでもわかる。』

番組でこういう紹介したみたいですが、舌小帯を切っても滑舌は良くなりません。

なぜなら、滑舌の悪い話し方で長年話してきたため、舌小帯を切っても滑舌が良くなるわけありません。

事実、この歯科医院で舌小帯を切除したコカドさんは変化がありませんでした。

執刀した歯科医は矯正が必要とか言っていましたが、実際は『か』、『た』が言えるようになったが、『さ』、『は』は改善できなかったそうである。

舌小帯を切った(約1cm)だけでは何の効果もありません。

元々、コカドは舌小帯が短いのではなく、舌先が下顎前歯の裏側にくっついて話していたために滑舌が悪かっただけです。

そのため反対咬合になっています。

滑舌だけでしたら、舌を上顎の前歯の裏側に付けて置く練習をすれば滑舌は良くなります。

舌小帯の専門でないため切ればいいだけと思っているようです。

« 沖縄、鹿児島、福岡からは富士山静岡空港が便利です | トップページ | 舌小帯切除の際のハート舌の手術 »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ