« 舌小帯切除の際のハート舌の手術 | トップページ | 舌癒着症を否定する理由 »

舌癒着症の手術の時にセットで行われる『上唇小帯癒着』という病名で『口腔前庭拡大術』という手術の目的は『両方の鼻の穴を大きくする手術』

舌癒着症ではセット手術で『上唇小帯癒着』と言う病名で、『口腔前庭拡大術』という訳の分からない存在しない手術の本当の目的は、『両方の鼻の穴を大きく広げて変形させること』というものです。

これは舌癒着症というありもしない病気を作った先生が、舌癒着症の学会誌で発表されているもので、『鼻の穴が大きくなれば取り込む空気が多くなり、長生きできる。』と言う持論です。

但し、このことを患者に先に言えば、手術しなくなります。

現に、舌癒着症のあるクリニックでは『鼻の変形がある』と説明書に書いたところ、キャンセルされる患者が出て、その患者が私の所に電話相談がありました。

誰が考えたって、鼻から吸う空気を多くするのに手術して鼻の穴を大きくすると思いますか?

どこも悪くないのに。

よくみなさん考えてください。

最初は『上唇小帯癒着』だったはずです。

但し、上唇小帯異常であれば保険診療で、『頬・唇・舌小帯形成術』で行なわれます。

『口腔前庭拡張術』というものは歯周病で口腔前庭が短くなった場合に行われる保険診療の歯周外科手術のことで、『口腔前庭拡大術』というものはありません。

口腔前庭拡大術と言いながら、口腔前庭を突き破り、鼻の下の鼻中隔下制筋、顔面神経、三叉神経までレーザーで切ります。

こんなの医療ではありません。

もし鼻腔を広げるのであれば、『ブリーズライト』で十分とある舌癒着症の先生が言っています。

手術する必要が無いそうです。

ということで『口腔前庭拡大術』は絶対にやってはいけないものだし、舌癒着症の手術もしてはいけません。

« 舌小帯切除の際のハート舌の手術 | トップページ | 舌癒着症を否定する理由 »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ