« 「舌癒着症」の手術、止めた方がいい! | トップページ | 舌癒着症のクリニックにかかる前に読むブログ »

舌癒着症はプラシーボ効果のみ

舌癒着症のオトガイ舌筋を3層切るというのは、治療ではありません。

更に、喉頭偏位が治るとも言ってもいないようです。

そうなんです、「呼吸が楽になる。」しか言っていないようです。

赤ちゃんは手術中、泣き声が変わるのは呼吸が楽になった証拠としているようですが、そうではなくて声がかれてきているようです。

それに赤ちゃん扁桃腺とアデノイドも切ってしまうようです。

これだけやられれば声もかれます。

もっと驚くべきことは、舌癒着症の診察は、舌癒着症の説明会に参加しなければならないのです。

でもまだ舌癒着症かどうか、診てもらっていないのに。

そうなんです、説明会に参加した人は全員舌癒着症として扱われるのです。

この説明会でも舌癒着症の手術を受けないと大変なことになると言われるようです。

説明会が終わるともう手術の予約です。

そして舌癒着症の手術だけと思ったら大間違い。

そうです、もれなく「上唇小帯癒着」も付いてきて、口腔前庭拡大術という手術もセットで受けるように勧められます。

「ウチは舌癒着症だけでいいです。」と言うと、舌癒着症の手術は受けられなくなるようです。

あくまでもセット手術なんです。

これはどうやら「上唇小帯異常」という保険診療なんですが、上唇小帯が癒着していて、鼻の通りが悪いらしいです。

上唇小帯をちょこんと切るだけと言われるようですが、実際は上顎左右犬歯の根っこの歯肉を切開して、レーザーで口輪筋や神経を切ってしまう手術のようです。

そして、真の目的は「鼻の周りの筋肉や神経を切って、鼻の穴を大きくしてしまうもの」のようです。

舌癒着症では鼻の穴が大きく成れば余計に空気を鼻から取り込むことができて長生きするということが書かれているようです。

最近の手術承諾書には、「鼻の変形」ということが書かれているため、手術を止める人がいるようです。

だから舌小帯が短い場合は、舌癒着症にはかかってはいけません!!!

呼吸が楽になる、鼻が通るなんて信じてはダメです。

冷静に考えれば分かります。

このブログを読んでください。

http://sibelius.blog.so-net.ne.jp/2009-09-30

« 「舌癒着症」の手術、止めた方がいい! | トップページ | 舌癒着症のクリニックにかかる前に読むブログ »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ