« 他の口腔外科の舌小帯切除手術 | トップページ | 医療法人社団 井出歯科医院の舌小帯切断撤去伸展術は最高!!! »

舌癒着症という病気は無い!

間違っても舌癒着症の耳鼻咽喉科や歯科にはかからないことです。

舌癒着症は神奈川の耳鼻咽喉科医が勝手に作った病名です。

本来は舌小帯が短い病気、舌小帯異常で舌小帯形成術が保険診療でできるものです。

舌小帯が短い状態のことを舌小帯短縮症と言います。

舌癒着症は舌小帯の長さは関係なく、舌と下顎骨が癒着していて、喉の奥の喉頭と喉頭蓋が前方に移動しているそうです。

実は、これは真っ赤なうそで、喉頭や喉頭蓋が前方に移動したままなら嚥下ができないし、「誤嚥性肺炎」をみんな起こしているはずです。

こんなことは医科大学の学生も知っているし、耳鼻咽喉科医だけでなく医者なら誰も知っていることです。

だから舌癒着症は医科では認められていないというかあきれているわけです。

更に舌と下顎骨が癒着しているのだからそこの部位の剥離手術のはずが舌の筋肉をなぜかどんな症例でも「3層」切るのだそうだ。

舌と下顎骨の癒着度合いがそれぞれ違うはずではないのか?

耳鼻咽喉科医が呼吸が楽になると患者に言いながら、患者は誰も術前には息が苦しいという自覚症状すらないのである。

息苦しいなら呼吸の検査もあるのだが、舌癒着症では決して行わないのである。

パルスオキシメーターという睡眠時無呼吸症の簡易検査の器械で以前は測定したようだが、みんな正常値になるため現在は泣いている赤ちゃんだけ使うようである。

これは泣いている赤ちゃんは息が止まるので、パルスオキシメーターの酸素飽和度は正常は99%なのであるが、92%ぐらいになるので、「ほら、呼吸が苦しい。」と説明するようです。

息が止まらなければ正常値の99%である。

正常値の場合の説明は、「将来、呼吸に問題が起こる。」というのだそうです。( ´∀` )

もっと悲惨なのは、上唇小帯癒着と病名を付け、口腔前庭拡大術という存在しない手術名で上唇の裏側からレーザーで切り始め、鼻の下まで口輪筋、神経を切って鼻の穴を大きく変形させることです。

これは鼻の穴を大きくすれば空気を余計に取り込むことができて、長生きするという耳鼻咽喉科医の持論である。

そのため上唇小帯異常と言って、上唇小帯をちょこんと切るだけと言っておきながら、鼻の下の筋肉や神経を切ってしまうようです。

これは必ず舌癒着症とセットで行われるため、口腔前庭拡大術は要らないというと舌癒着症の手術もしないと言われるようです。

この舌癒着症、口腔前庭拡大術の手術は治療目的ではなく、「QOLの向上」だそうです。

だから舌癒着症の症状は治らないということです。

では何のためにこの手術をするんでしょう?

それは「呼吸が楽になる」からだそうです。

でも呼吸が楽になるもならないも、みなさんもともとは舌小帯が短いからかかっているんです。

それが喉頭が上前方に移動していると騙して手術するのってどうなんでしょう?

悲しいんですが、「呼吸が楽になった」と信じ込んでいる人もいます。

これが舌癒着症は宗教みたいと言われる所以です。

舌小帯ではないし、手術して呼吸は変わりませんからやるだけ損です。

というか、健康な舌や鼻の下の筋肉を切るので、後遺症が残ります。

当然、こんなことをやっているのは医者では舌癒着症だけなので、セカンドオピニオンなんてありません。

舌癒着症の手術は健康な筋肉を切っているので失敗とか成功はありません。

舌癒着症の医師の自己満足なのかもしれません。

だから舌癒着症を受診してはいけないのです。

受診すれば即舌癒着症、口腔前庭拡大術のセット手術になります。

受診した時点で舌癒着症です。

舌癒着症かどうか診てもらうなんて甘い考えではひっかかってしまいます。

« 他の口腔外科の舌小帯切除手術 | トップページ | 医療法人社団 井出歯科医院の舌小帯切断撤去伸展術は最高!!! »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ