« 舌癒着症の術前のイラストは赤ちゃんの解剖図を参考にしているだけ | トップページ | 舌小帯は切っただけでは治りません! »

上唇小帯切除は正中離開のみ

上唇小帯を切除するのは、6歳前後に上顎左右の中切歯が生えてきた時に、歯と歯の間に隙間が空いている隙っ歯の場合のみ上唇小帯切除は行います。

上唇小帯癒着と言うものはありません。

上唇小帯切除は舌小帯切除と同じく保険診療でできます。

舌癒着症の手術とセットで行われる上唇小帯癒着と言う病名で口腔前庭拡大術を行いますが、これは上唇小帯を切る手術ではなく、上唇の裏側から鼻に向かって切開して鼻の下の筋肉や神経を切って鼻が動かなくするものです。

舌癒着症の上唇小帯癒着による口腔前庭拡大術は、「鼻の穴を大きくして空気を取り込みやすくするという目的」だけで行われます。

これはブリーズライトで代用できます。

Abcdef1

« 舌癒着症の術前のイラストは赤ちゃんの解剖図を参考にしているだけ | トップページ | 舌小帯は切っただけでは治りません! »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ