« 舌小帯を切れば滑舌が治ると勘違いしている人が多いですが、切っただけでは治りません! | トップページ | 失敗・手術・舌癒着症で検索されている方へ »

舌小帯を切ったことを後悔しているお母さんへ・・・の小児科医は「舌小帯短縮症」と「舌癒着症」を同じものと勘違いしている!

この小児科医のように「舌小帯短縮症」と「舌癒着症」を同じものと勘違いしている小児科医が本当に多い。

この小児科医のブログにコメントしたことがあるが、自分に都合が悪い真実を書くとなんと削除するのである。

ブログの記事は「舌癒着症」の手術を受けて後悔しているお母さんなのである。

私が毎回毎回、非難してボロクソに言っている「舌癒着症」である。

小児科医のブログに舌癒着症の信者さんから「どうして舌癒着症を否定する根拠は?」という質問のコメントに、小児科医は「小児科学会が禁止しているから。」と答えているのである。

更に、「なぜ、小児科学会は禁止しているのか?」という質問に「大阪で死亡したという話。」とチグハグな答えしかしないのである。

これはノルウェーの乳幼児突然死症候群の学会で、舌癒着症のグループが、「日本で乳幼児突然死が少ないのは舌癒着症の手術をしているおかげ。」と発表してしまい、面食らった小児科学会が、実態調査せずに会員へのアンケートで「舌癒着症はなかった。」と報告し、舌小帯短縮症と舌癒着症を同じものと勘違いして、舌小帯切除禁止に2001年したことが混乱を生んでいるのです。

この時、小児科学会はちゃんと実態調査と舌癒着症は病気自体存在しないことを証明しなかったから、今日も舌癒着症の被害者が出ているのです。

だから日本中で舌小帯を切る病院が無くなってしまったのです。

舌小帯切除は保険診療で歯科も医科もできます。

しかし、医科は小児科学会が舌小帯切除を禁止しているので行われません。

26年前から矯正治療後の後戻り防止に舌小帯切除を行ってきたのは医療法人社団 井出歯科医院だけです。

レーザーで切るのは切開で舌小帯形成術ではありません。

ちゃんと縫合しなければせっかく舌小帯切除しても元に戻ります。

だから日本中に「滑舌が悪い」人が急増しています。

その原因は、舌癒着症と小児科学会です。

舌小帯を切るのは短いことが病気なので保険診療でできます。

滑舌治療で舌小帯を切るのではありません。(保険診療では認められません)

切っても滑舌は治りません。

トレーニングが必要ということです。

だから舌小帯を切るのは保険診療で、トレーニングは自費診療なんです。

お間違え無いように。

« 舌小帯を切れば滑舌が治ると勘違いしている人が多いですが、切っただけでは治りません! | トップページ | 失敗・手術・舌癒着症で検索されている方へ »

健康」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ