« 組体操禁止と認知的不調和 | トップページ | 舌癒着症では喉頭が上前方に移動して呼吸が苦しいのではなく、嚥下運動の一環で喉頭が上前方に移動するので舌癒着症ではない! »

低位舌の治療にはスマイルスリーパーとタン・スプリント

低位舌は舌小帯が短く、舌の可動範囲が狭いためにいつも下顎前歯裏側を舌先が触っているために起こります。

そのため口蓋に舌が届かないので滑舌が悪くなります。

これは舌小帯が短いためにオトガイ舌筋(舌を上に挙げる筋肉)と翼突舌筋(舌の上部を口蓋に付ける筋肉)が運動制限されて動かなくなり、退化しているためです。

低位舌ですと舌の側面に「歯の圧痕」がついてギザギザに凹んでいるのが特徴です。

このままにしておくと舌ガンになる可能性があります。

それでオトガイ舌筋をスマイルスリーパーで、翼突舌筋をタン・スプリントで鍛える必要があります。

舌小帯を切っただけでは何も変わりません。

« 組体操禁止と認知的不調和 | トップページ | 舌癒着症では喉頭が上前方に移動して呼吸が苦しいのではなく、嚥下運動の一環で喉頭が上前方に移動するので舌癒着症ではない! »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ