« 舌小帯を切るのは保険診療でできますが、トレーニング器具のスマイルスリーパーとタン・スプリントは自費診療で7万円かかります! | トップページ | 舌小帯をレーザーで切っても伸展術ではないので舌小帯の長さは変化なし! »

舌小帯をレーザーで切れば止血もできて簡単と安易に考える歯科医、小児科医、耳鼻咽喉科医が多い

先日、患者さんからの問い合わせで、現在かかっている歯医者で、「舌小帯なんてどこでもやっている。レーザーでちょこんと切って、MFTを練習すればいいんだから。」と言われ、わざわざ富士市に行かなくてもいいと言われたそうです。

また、ウチの近くでも赤ちゃんの舌小帯をレーザーで切る小児科医もいますが、子供は井出歯科に行ってやってもらってと言われた患者さんもいます。

レーザーで3回(舌癒着症など)切っても舌小帯が残っているという患者さんをウチで再手術しましたが、舌小帯がかなり固くなっていて、ハサミが最初入りませんでした。

それでも何とか切りましたが、「ジョリ、ジョリ・・・」という音がしました。

更に、ウチの口腔外科のところでまた再手術して人工粘膜を移植したのですがまだ舌小帯がひっかかる感じがしているそうです。

レーザーで舌小帯を切開すると瘢痕治癒して固くなります。

こういうことを歯科医、小児科医、耳鼻咽喉科医は知らないのです。

Photo

20151107

レーザー手術後はこのようになります。

絶対にレーザーでは舌小帯切開をしてはいけません。

切開とわざと言っているのは、手術ではないからです。

これは舌小帯形成術ではなく、単なる切開のため保険請求した場合は不正請求になります。

止血に関して言いますと、元々舌小帯には血管は無いのでハサミで切って縫合してすぐ出血は止まります。

レーザーだから止血できるという都市伝説は誤りです。

« 舌小帯を切るのは保険診療でできますが、トレーニング器具のスマイルスリーパーとタン・スプリントは自費診療で7万円かかります! | トップページ | 舌小帯をレーザーで切っても伸展術ではないので舌小帯の長さは変化なし! »

健康」カテゴリの記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ