« いじめと舌小帯短縮症 | トップページ | 失敗・手術・舌癒着症で検索されている方へ2 »

舌小帯が短いのは舌小帯短縮症(症病名)だけ!舌癒着症という病名はウソ!

舌小帯が短い症状は「舌小帯短縮症」だけです。

舌強直症、舌癒着症、舌小帯癒着症という病名は存在しません。

舌小帯は英語では「Tongue Tie」と言います。

Tongueは焼き肉のタン(舌)です。

Tieはネクタイのタイと一緒でひもです。

癒着なんてものはありません。

癒着は本来付いていない組織が炎症などでくっつくことです。

舌小帯のように炎症もないのに短いのは短縮症と言います。

よく舌癒着症の症状が当てはまるから舌癒着症の耳鼻咽喉科にかかる人や、哺乳障害で助産師が舌癒着症の耳鼻咽喉科を紹介しますが、勘違いです。

舌癒着症の症状は夜泣き、髪の毛が逆立つ、大理石模様皮膚、寝相などと不定愁訴を列記しているだけです。

いざ舌癒着症のクリニックにかかると、「哺乳は関係ない。舌小帯も関係ない。呼吸に問題がある。」と言われるようです。

おいおい、舌小帯でも哺乳障害でもないんかい!

でも舌癒着症の分類は舌小帯で、(0-3)が多い。

なんのこっちゃあ!

内視鏡で喉頭を診て、上前方に移動していると診断される。

おいおい舌小帯は?

内視鏡を鼻から入れて喉頭を上から診ていて上前方に移動しているなんて分かると思いますか?

内視鏡を入れている間も唾液は飲んだり、呼吸しているので常に喉頭は動いています。

そんな中で喉頭が上前方に移動しているかどうか分かると思いますか?

答えはNO!です。

スケールも分度器も内視鏡には付いていませんので測定できません。

こんないい加減な検査のようです。

通常はレントゲンやCTやMRIで検査しなければ喉頭が上前方に移動しているなんて分かりませんし、解剖学的に喉頭が上前方に移動しているのを誰もレントゲンで診たことが無いのです。

そうです、舌癒着症は喉頭が上前方に移動していて鼻から入ってくる空気が喉頭で段差になっていて呼吸がし辛いという「仮説」に基づいているようです。

更に、パルスオキシメーターで酸素飽和度を測定しますが、通常は99%で正常です。

赤ちゃんは泣いている時に測定すると、92%ぐらいになります。

これは泣いている時に息を止めるのが原因で正常です。

大人でも息を30秒ぐらい止めれば90%ぐらいになります。

ですから、呼吸の検査にはパルスオキシメーターは関係なく、本来睡眠時無呼吸症の簡易検査に用いられます。

赤ちゃんはこれに扁桃腺の除去と口蓋垂(のどちんこ)も除去されるようです。

全然、異常が無いのに。

そしてもっと悲惨なのは、舌癒着症と言っておきながら鼻の穴を大きくする口腔前庭拡大術というありもしない手術名です。

口腔前庭というのは歯の根元の歯肉から上下顎なら頬粘膜、下顎なら舌の付け根までのことを指します。

口腔前庭拡大術は本当にある手術名は「口腔前庭拡張術」で歯周病で奥歯の歯肉の幅が浅くなっているものを他の部位の歯肉を持ってきて縫合して歯肉の幅を深くする手術です。

しかし、口腔前庭拡大術は上顎左右の犬歯の根元の上の齦頬移行部幅6cmレーザーで焼いて、突き破り、鼻の直下まで口輪筋や鼻中隔下制筋や顔面神経や三叉神経をレーザーで全て焼き切る手術です。

これが手術ですか?

すると鼻の穴を下に動かすことができず、鼻の穴は大きく上を向いて動かなくなります。

これは患者さんには上唇小帯癒着と説明して、ちょこっと上唇小帯を切るだけと説明されるようです。

そして呼吸が楽になる第2弾で、「鼻の穴を大きくすれば空気を吸い込みやすくする。」と言うのが口腔前庭拡大術の目的のようです。

それによって長生きするという理屈のようです。

①舌癒着症の手術では喉頭が上前方に移動しているのを戻すためにオトガイ舌筋を切るとは言っていないようです。

②舌癒着症でオトガイ舌筋を3層切るしか言っていないようです。

③呼吸は楽になると説明しているが、喉頭を治す、元の位置に戻すとは一言も言っていないようです。

④口腔前庭拡大術では「鼻の通りはよくなる」と言っているが、鼻の穴を大きくして空気をより多く吸い込みやすくして長生きできるという説明はないようです。

舌癒着症は様々な不定愁訴の症状を治す治療でなく、呼吸が楽になる治療と初めからホームページに書いておけばいいのに。

« いじめと舌小帯短縮症 | トップページ | 失敗・手術・舌癒着症で検索されている方へ2 »

健康」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ