« 舌小帯短縮症に対する手術的治療に関する現状調査とその結果の信憑性? | トップページ | 2月28日日曜日の舌小帯切除手術の予約は終了です »

舌癒着症は舌小帯は切りません!健康な舌の筋肉のオトガイ舌筋を切るもので何の効果もありません!

舌癒着症と舌小帯短縮症を勘違いしている人が多いのですが、舌癒着症は舌小帯は関係なく、呼吸の問題とらしいです。

舌小帯が短い場合は絶対にかかってはいけない病院です。

舌癒着症の病院の予約は他の外来と別に特別に予約がいるようです。

その予約は、集団説明会の日です。

集団説明会の前になぜか舌小帯で舌癒着症(0-3)重度と分類され、内視鏡で喉頭蓋が上前方に偏位しているとされ、「呼吸の問題がある」と言われて、舌癒着症と診断されます。

その後の舌癒着症の歴史から手術までの集団説明会に参加させられます。

そこでも手術を受けると「呼吸が楽になり、鼻の通りがよくなる」というの暗示ばかりのようです。

なんと、おまけに上唇小帯も癒着しているとされ、上唇小帯をチョコット切ると言われます。

実は、口腔前庭拡大術という存在しない手術名で口輪筋と鼻の下の筋肉と顔面神経、三叉神経、血管を切られて鼻の穴が大きくなってしまう手術まで受けてしまうようです。

これも集団説明会のなせる業ですかね。

冷静に考えればいいのですが、みなさん集団心理で誰か一人でも手術を受けるとなると、この手術を受ければ呼吸が楽になって悩みが無くなると信じてしまうようです。

赤ちゃんはこれにアデノイド、扁桃腺も切るようです。

このような手術をする際には、レントゲン、CT、MRIが必要です。

なぜなら、どの程度喉頭や喉頭蓋が移動しているのか確認しなければなりません。

またオトガイ舌筋を闇雲に3層切っているようですが、喉頭や喉頭蓋が元の位置に戻ったかどうか心臓のカテーテル手術のようにレントゲン動画で確認しながら切らなければならないのに行っていないようです。

全員オトガイ舌筋3層切るようです。

個人差があるので、みんな同じっておかしくないですか?

更に、驚くべきことがあります。

舌と喉頭や喉頭蓋は繋がっていません。

だからオトガイ舌筋を切っても喉頭やオトガイ舌筋は動かないのです。

もっと驚くべきことは、口腔前庭拡大術を受けなくても「ブリーズライト」で鼻の通りはよくなるのです。

呼吸が楽になるというのは主観的なもので、呼吸の検査は一つもされていないようです。

酸素飽和度の検査はするようですが、99%は正常で、赤ちゃんは泣きながら呼吸が止まるので92%ぐらいです。

80%でしたら呼吸困難になっているはずです。

みなさんは舌小帯が短いのを舌癒着症と間違えて受診し、別に呼吸に問題が無いのに手術を受けているのようです。

これから舌癒着症の手術を受ける方は、説明会でなく個別にレントゲン、CT、MRIの検査をしてくださいと初診の時にお願いしてください。

その結果、喉頭や喉頭蓋が何cm、角度が何度移動していることを説明してもらってください。

もし、呼吸に問題がある場合は循環器の病院にセカンドオピニオンでかかってください。

« 舌小帯短縮症に対する手術的治療に関する現状調査とその結果の信憑性? | トップページ | 2月28日日曜日の舌小帯切除手術の予約は終了です »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ