« 舌小帯は切っただけでは何も治りません! | トップページ | 北海道からお子さんの舌小帯のお問い合わせされた方へ »

舌小帯切除は医療法人社団 井出歯科医院だけです

舌小帯が短いことが病気で、厚生労働省でも認められていて保険診療できる治療が、『舌小帯形成術』です。

舌小帯はレーザーで切るだけでは、瘢痕治癒するだけで治りません。

また舌癒着症という訳の分からない耳鼻咽喉科にはかからないでください。

このグループは「呼吸が楽になる。」なんてありもしない手術をします。

ちょっと冷静に考えれば手術前に「呼吸が苦しかったかな?」と気づいてください。

「舌小帯が短いのは舌小帯短縮症で舌癒着症は喉頭が上前方に移動している病気」

舌小帯短縮症と舌癒着症は別物です。(これが大事です!)

舌小帯短縮症と舌癒着症が同じものと勘違いしている人が多いです。

特に助産師が。

ましてや医者なら誰も喉頭が上前方に移動しているなんて信じていません。

舌癒着症は舌小帯は関係ないという割に舌小帯で分類しています。

それで舌と下顎が癒着しているのが分かるんでしょうか?

答えはNO!です。

分かるわけがありません。

手術も舌と下顎の癒着を剥離しているわけでなく、舌の筋肉のオトガイ舌筋を3回きっているという杜撰さ。

更に、鼻の穴を大きくする手術を上唇小帯癒着として口腔前庭拡大術なんてありえない手術名までつけている。

なんとそれはブリーズライトで代用できる事実を隠して鼻の周りの筋肉や神経をレーザーで切りまくるようです。

そして鼻の穴が大きくなって空気を吸いやすくなって長生きすると言っているそうです。

信じられますか?

だから舌癒着症の耳鼻咽喉科には行ってはいけません。

小児科はこの舌癒着症と舌小帯短縮症を勘違いしているし、実際に舌小帯が短い赤ちゃんが来院しても、「構音障害が出たら専門医に切ってもらえばいい。今切る必要が無い。」と言って、様子を見ましょうで終わり。

だから舌小帯が短かったら、舌癒着症と小児科には相談しないでください。

医療費の無駄です。

« 舌小帯は切っただけでは何も治りません! | トップページ | 北海道からお子さんの舌小帯のお問い合わせされた方へ »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ