« 舌小帯切除後のトラブル | トップページ | 舌小帯は短いから切る!他の症状改善のために切ることは薬事法違反になる可能性がある »

舌癒着症の手術を受けた赤ちゃんのお母さんからの相談メール

はじめまして 四ヵ月の女の子の母親です。

娘の受けた舌癒着症手術の予後について お聞きしたくメールしました。

お門違いの相談とは重々承知しておりますが、先生のブログ、ホーム
ページを拝読し、居ても立ってもおられず記入しております。

どうぞよろしくお願いします。

月曜日に都内耳鼻咽喉科にて舌小帯はないが舌が舌下襞
よりすぐ始まる重度の癒着である、そのクリニックでいうところの0-3と
診断され 浸透麻酔にて電気メスによるイゼツ筋と上唇小帯切除を受
けました。

娘はおっぱいこそ浅飲みで飲みながら寝たり、おっぱいを離さなかった
りしますが体重は順調に増え、元気でした。

ただ舌癒着症の症状としてあてはまるものが多く、診察だけでもと思い
クリニックを訪れました。

おっぱいを飲む飲まないの問題ではない。

呼吸の問題である。
こどものツライというサインを見逃してはならない。

ゆくゆくは大きな体の問題となって現れよう。手術といっても、ちょこっと
切るだけであるという言葉に、浅はかにも手術を決めました。

手術は無事終了したとのこと。

しかし術中、術後の泣き叫ぶ声、事前のビデオ説明よりも明らかに大きく
深い傷口に大変なことをしてしまったと驚いたのです。

翌日の診察では異常なしとのこと。

しかしその夜より顔は黄ばみ、脚は紫色となり、今までなかったイビキをし
て苦しがるように眠りました。

執刀医に連絡するも、舌手術は全く問題なく、その症状も関係がない。

恐らく風邪ではないか?近くの小児科にかかるようにと言われました。

言われたとおり受診しましたが、風邪ではなかった。

逆にその傷口のひどさに驚かれ、内服の抗生物質と消毒用のイソジン等を処方さ
れました。

執刀クリニックより指示されているケアは一日三回傷口をスプーンなどで押し上
げること。

これだけです。

私は浅はかな考えで手術を決断してしまったこと、診断内容、術後のケアなどの
様子から、
信用するに値する医療機関であったのか、後悔の念が絶えません。

そもそも上下の小帯を切除するほど重症だったのか、そこにすら疑念を抱いてお
ります。

苦しそうに呼吸をし、顎や鼻や顔相が変わってきた娘をみると、何とか早く傷口
を回復させ
てあげたい。

無理とは分かっていても、この舌を元の状態に戻してあげたいとすら思っていま
す。

そこでお聞きしたいのですが傷口の回復には スプーンで押し上げる方法が確か
なのでし
ょうか?イソジンは使用しても問題ないのでしょうか? それとも何もせずにい
たほうがよい
のでしょうか?

先生がおっしゃいます癒着とは どのような状態ですか?切除した部分が再生さ
れるので
しょうか。

執刀クリニックは信じられません。

大変、ご迷惑な相談とは存じますが どうか心情を汲んでいただき ご返答いただ
けたらと
思います。

よろしくお願いいたします。


このメール以外にも舌癒着症の手術を受けて、「鼻の変形は治せるか?」「癒着した傷口を治したい。」
「予約したんですが、手術はキャンセルした方がいいか?」という相談を受けています。
舌小帯切除を25年間やってきているので、舌癒着症の実態は分かっています。
だから舌癒着症の手術は止めた方がいいと皆さんに警鐘を鳴らし続けています。
舌小帯が短いことと舌癒着症はまったく別なことです。
この違いが分からなければまだまだ被害が増えます。
 

« 舌小帯切除後のトラブル | トップページ | 舌小帯は短いから切る!他の症状改善のために切ることは薬事法違反になる可能性がある »

健康」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ