« 舌小帯短縮症と舌癒着症の違い | トップページ | 構音障害練習 »

発達障害の治療で舌小帯を切るのではありません

来月、舌小帯が短い発達障害のお子さんの手術を行います。

あくまでも舌小帯が短いから切るのであって、発達障害の治療ではありません。

そうでなければ保険診療で舌小帯切除はできません。

他の構音障害や滑舌が悪いのと同じく、舌小帯を切れば治るというものではありません。

今回は舌小帯を切った後にスマイルスリーパーで舌を引っ張り、改善できるかということです。

発達障害の研究機関ではありません。

舌小帯手術とスマイルスリーパーと滑舌割りばしで構音障害もあるのでその治療が最優先です。

まずはそこからです。

ちなみに多動性障害は5年前に舌小帯を切ったお子さんは治ったようです。

« 舌小帯短縮症と舌癒着症の違い | トップページ | 構音障害練習 »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ