« 舌癒着症のおかしなところ1 | トップページ | 構音障害プログラムにキオークマン »

舌癒着症のおかしなところ2

舌癒着症の手術部位です。

A

②が舌癒着症の手術部位です。

喉頭蓋の下側が喉頭です。

御覧の通り舌と喉頭蓋は繋がっていません。

喉頭蓋はオトガイ舌骨筋と舌骨筋で動きます。

舌の奥は「咽頭」と言います。

舌癒着症は喉頭・喉頭蓋偏位症と言うらしいのですが、舌を切っても喉頭は繋がっていないので動かないし、咽頭も動きません。

なぜなら、オトガイ舌筋は舌を動かす筋肉で咽頭や喉頭に関係ないからです。

もし、舌と下顎が癒着しているのなら、①の部位を切断するべき部位です。

もう一度確認します。

舌癒着症は舌と下顎が癒着して、喉頭・喉頭蓋が上前方に偏位している。

では癒着している口腔底を剥離手術しなければなりません。

しかし、舌癒着症の手術は②のオトガイ舌筋の真ん中を3層切っています。

癒着しているとは思えませんし、癒着部位を特定したとは思えません。

冷静な状態なら分かります。

« 舌癒着症のおかしなところ1 | トップページ | 構音障害プログラムにキオークマン »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ