« 舌小帯と発達障害 | トップページ | なぜ小児科医は舌小帯を切るのを反対するのか »

舌小帯は切っただけではダメ!

昨年、舌小帯をレーザーで切られた方がいらっしゃいましたが、切りっぱなしのため瘢痕治癒していました。

舌小帯は固く、太くなり、ウチで再手術しました。

麻酔をしてハサミで舌小帯を切ろうとしたところ、ハサミが入りません。

「ジョリ、ジョリ」と音を立ててやっと切れるほど。

その当時はリハビリにスマイルスリーパーが無かったので、タン・スプリントだけでした。

現在はスマイルスリーパーで舌を引っ張ることが出来ます。

これで少しは瘢痕治癒の治療に使えますが、やはり縫合していないと効果はあまり無いかもしれません。

そして、スマイルスリーパーは講習会を受けた歯科医院のみの販売のためどこでもあると言うわけにはいきません。

またスマイルスリーパーは舌小帯切除しないと効果がありません。

« 舌小帯と発達障害 | トップページ | なぜ小児科医は舌小帯を切るのを反対するのか »

健康」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ