« 舌小帯後の赤ちゃんの哺乳 | トップページ | 舌癒着症と舌小帯短縮症はまったくの別物 »

上唇小帯を切って鼻の下が伸びる

上唇小帯が短いと上唇が上に挙らないためブラッシングが出来ない理由で上唇小帯を切る場合があります。

いつも上顎の前歯が上唇が上に引っ張られるので出ている状態です。

そこで上唇小帯を切れば上唇が下がって鼻の下が伸びたと思われた感じます。

実際はこの位置が正常で、以前は上唇がめくれ上がった状態だったと思います。

上唇小帯を切っただけでは鼻中隔下制筋まで届きません。

但し、この場合はガミースマイルといって、上唇を上に持ち上げると上唇小帯のストッパーが無いため上顎の歯肉が全部見える場合があります。

できたらパタカラで口輪筋を鍛えて、笑った時に上顎歯肉が見えないようにしましょう。

« 舌小帯後の赤ちゃんの哺乳 | トップページ | 舌癒着症と舌小帯短縮症はまったくの別物 »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ