« 平成28年1月24日日曜日の舌小帯切除は予約枠はあと2つになりました | トップページ | 舌小帯は切っただけではダメ! »

舌小帯と発達障害

土曜日に発達障害のお子さんを診察しました。

舌小帯は確かに短いです。

口呼吸もあり、下唇が厚いです。

滑舌割りばしで練習したところ、発音はかなりわかります。

舌小帯を切除して、タン・スプリントとリップワイダーの効果を期待します。

発達障害は口呼吸しているため鼻炎があり、酸素不足と集中力が出ないことが原因かもしれません。

ウチはそういう研究機関ではありませんが、舌小帯切除とトレーニングで改善できればしてあげたいと思います。

結構多動性障害は効果があります。

« 平成28年1月24日日曜日の舌小帯切除は予約枠はあと2つになりました | トップページ | 舌小帯は切っただけではダメ! »

健康」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ