« 舌癒着症の手術で「呼吸が楽になる」はウソ! | トップページ | 舌小帯が短い場合は小児科にかからないでください。医療費の無駄です。 »

舌癒着症の手術とセットで行われる口腔前庭拡大術なんていう手術はウソ!

口腔前庭拡張術と言う歯周病で歯肉が下がって根っこが見えて、頬っぺたの粘膜がすぐ根っこの根元にある場合に行う手術です。

拡張と拡大で勘違いする人もいますが、舌癒着症の口腔前庭拡大術なんていう手術は存在しません。

舌癒着症の虚空前庭拡大術と呼ばれるものは患者さんには「上唇小帯」を切る手術と説明して、実は上あごの左右の犬歯の根っこの歯肉を6cmぐらいレーザー切開して、唇の口輪筋と鼻を下に引っ張る鼻中隔下制筋をレーザーで適当に焼き切ってしまう適当な手術です。

それによって、鼻を下に引っ張ることができず、「ガミースマイル(テニスプレーヤ-N)」みたくなります。

更に、鼻が変形して鼻の穴が大きく上を向いてしまいます。

通常はこんなことをすれば医療裁判になります。

しかし、みなさん手術承諾書にサインしているため文句を言えません。

(現在は鼻や顔の変形は手術承諾書に加えられているようです。)

« 舌癒着症の手術で「呼吸が楽になる」はウソ! | トップページ | 舌小帯が短い場合は小児科にかからないでください。医療費の無駄です。 »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ