« 舌癒着症のパルスオキシメーター検査の矛盾 | トップページ | 11月29日日曜日午前中の舌小帯切除は予約終了しました。 »

舌癒着症の手術後の“スプーン”

舌癒着症では、手術後に傷口に瘡蓋ができて癒着しないように白くなった瘡蓋をスプーンでとるようです。

スプーンの丸い底で傷口を擦るという話もあります。

オトガイ舌筋を切っているので、その上には本来“筋膜”というものがあります。

それをレーザーで焼き切っているため瘡蓋ができるのは当たり前。

逆にその瘡蓋を取ると結合組織に覆われて、余計瘢痕治癒します。

それなら初めから傷口を縫合すればいいのです。

みなさん、それを信じて行います。

大丈夫かな?

« 舌癒着症のパルスオキシメーター検査の矛盾 | トップページ | 11月29日日曜日午前中の舌小帯切除は予約終了しました。 »

健康」カテゴリの記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ